メタップス社、スマホ動画広告とテレビCMの効果を統合的に分析できる「Metaps Video Analytics」の提供を開始

写真拡大

国内調査によると、スマートフォン契約数は6,850万件(※1)にのぼり、スマートフォン利用者の65.9%(※2)が動画を視聴しているという結果が出ています。 一方で、30歳以下の若年層の「テレビ離れ」が顕著になっており、テレビはシニア向けメディアとしての傾向を強めています。そのため、今後はスマートフォンとテレビを融合させた新しいマーケティング戦略が重要になってくることが予想されます。

このような背景を受け、メタップス社はスマートフォン動画広告とテレビCMの効果を統合的に分析できるツールをローンチしました。

統合分析ツール「Metaps Video Analytics」の主な機能

1.動画広告の効果分析
主要な動画メディアへの配信データを1つの管理画面で統合的に管理することが可能。複数の管理画面を使い分ける手間を削減し、日々の視聴データが分析できる。

2.テレビCMとの統合分析
動画広告とテレビCMの効果を1つの管理画面で統合的な分析が可能に。ネットとテレビの比較や、相乗効果など様々な指標から広告の効果を分析することができる。

3.人気動画の統計情報
主要な動画メディアにおける、日々の人気動画の統計情報を可視化して提供。人気動画のトレンドや統計を知ることで、動画の企画や配信などに役立てることができる。

4.ネット上の口コミ分析
動画広告の配信後の、ソーシャルメディア上でのクチコミデータを可視化。動画を見た視聴者がどのような反応や感想を持ったのかを分析し、次回の改善に活かすことができる。

サービスURL:http://video.metaps.com/

※1:2015年6月発表「スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金・通信量」MM総研調べ
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120150611500

※2:2014年7月発表「情報通信白書」総務省調べ
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141120.html

[プレスリリース元]

メタップス、スマホ動画広告とテレビCMの効果を 統合的に分析できる「Metaps Video Analytics」の提供を開始 〜スマホとテレビを融合させたマーケティングを支援〜