2000円なんて高くない!って思えるおいしさなんだと思う

写真拡大

ホテルニューオータニ(東京都千代田区)にあるパティスリーSATSUKIで人気の"スーパー"ケーキシリーズに、今年も秋の王者が登場しました。

その名も「スーパーモンブラン」。1個2000円(税別)というご褒美価格ですが、これは食べたい!と思える極上モンブランなのです。

緻密に計算された「モンブランの王様」

パティスリーSATSUKIは、日本を代表するパティシエ・中島眞介さんのオリジナルケーキが買えるお店。ことし1月には、1日10個限定の「エクストラスーパーあまおうショートケーキ」(1カット3000円!)も話題になりましたね。

ファンが首を長くして待っていた「スーパーモンブラン」は、中島さんの「本当の和栗の美味しさを伝えたい」という思いから、毎年作り続けているケーキです。

今年のポイントは"ローストアーモンドミルク"。 ヘルシーさで話題のローストアーモンドミルクですが、中島さんが注目したのは、その独特な味わい。濃厚かつコクがありつつもキレのある風味に魅かれ、「クリーム」「葛」「土台」に使っているそう。和栗本来の味を崩すことなくうまくマッチしています。

中島さんは、「モンブランを構成する一層一層にこだわり、口に入れた時に栗本来のほっこりした味を存分に感じていただけるよう、細部にわたり試行錯誤を繰り返しました」と、制作過程を話します。

土台の部分は、バニラビーンズやこだわりの玄米卵や、雑穀ブレンドとローストアーモンドミルクを加えた"リンツァーシリアルトルテ"というオリジナルの生地。その上には海から生まれた塩「藻塩」、「葛ローストアーモンドミルク」生地の中に「黒蜜あんこ」、国産「栗の甘露煮」、48%の濃厚な「ローストアーモンドミルククリーム」が積み重なっています。

そして最後、すべてを包み込んでいるのが、兵庫県三田地方の「和栗」(丹沢種、銀寄種、人丸種)のペーストなのです。マロン好きにはたまりませんよね。

一層一層、緻密に計算された"モンブランの王様"、一度は食べたいところです。販売は、2015年9月1日〜2016年1月31日(予定)。販売時間は11時〜21時。