素材そのものの栄養やおいしさを楽しめる「Kミューズリー」

写真拡大

日本ケロッグは、5種類の全粒穀物に10種類のフルーツや種を混ぜたシリアル「Kミューズリー」を、9月下旬から関東の大手スーパーや日用品通販サイト「LOHACO」で発売する。

新トレンドとして期待の自然派シリアル、ミューズリー

ミューズリーは1900年頃にスイス人の医師によって自然の素材を活かした健康食として考案された。シリアル普及率が高いヨーロッパでは既に主流となっている。

「Kミューズリー」は5種類の全粒穀物(オーツ麦、ライ麦、ライ小麦、大麦、小麦)に、10種類の色とりどりのフルーツや種(ストロベリー、マンゴー、サルタナレーズン、フレームレーズン、バナナ、パイナップル、パパイヤ、クランベリー、アプリコット、かぼちゃの種)をたっぷり加えた、ナチュラル素材の栄養とおいしさが楽しめる。15品目を手軽に摂ることができ、忙しい朝のヘルシーな朝食にもおすすめ。

油の使用や加工を極力抑え「低糖類」、「低塩」を実現し、食の簡便化志向、自然食志向の人々のニーズに応える一品に仕上げた。

15種類のナチュラル素材を贅沢に使用

ミューズリーは、フルーツグラノラとは違い、穀物を固めたり焼いたりせずにそのままの形でフルーツとブレンドしている。素材そのものの栄養やおいしさを楽しめる一方、やや固いので前夜から牛乳でふやかしたりヨーグルトと混ぜたりした後に食べると、口当たりよくやわらかい食感を楽しめるという。

参考小売価格は498円(税抜)で、内容量は280g