ドルトムントのドイツ代表FWマルコ・ロイス【写真:Getty Images】

写真拡大

 ドルトムントにベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイを貸し出したマンチェスター・ユナイテッドが、今度は反対にドイツ代表FWマルコ・ロイスの獲得を狙っているようだ。6日の英紙『デイリー・スター』が報じている。

 同紙によると、1年間の期限付き移籍で獲得したヤヌザイをドルトムントが気に入った場合、ロイスをトレード要員として差し出すのであればユナイテッド側はヤヌザイを完全移籍で手放しても構わないと考えているようだ。今夏にはアーセナルやチェルシー、マンチェスター・シティなどがロイス獲得に興味を示していたが、来年夏はユナイテッド移籍が本格化するかもしれない。

 ロイスは今季リーグ戦3試合に出場し2得点を挙げ、ヨーロッパリーグ予選でも3試合で4得点を挙げる活躍を見せている。ドルトムントの貴重な戦力として活躍している同選手を、来年夏に放出することはあるのだろうか。

text by 編集部