■8月特集 リオ五輪まで1年、メダル候補の現在地(14)

 8月24日から30日まで、カザフスタンのアスタナで開催された世界柔道選手権。日本勢は前回大会の金4個を含む9個のメダル獲得を大きく上回る、金6個・銀4個・銅5個の合計15個ものメダルを獲得した。

【2015年世界選手権・日本人メダリスト】
[男子]
60kg級 銅=志々目(ししめ)徹
66kg級 ――
73kg級 金=大野将平 銀=中矢力
81kg級 金=永瀬貴規
90kg級 銅=ベイカー茉秋
100kg級 金=羽賀龍之介
100kg超級 銀=七戸龍

[女子]
48kg級 銀=浅見八瑠奈 銅=近藤亜美
52kg級 金=中村美里
57kg級 金=松本薫
63kg級 銅=田代未来
70kg級 ――
78kg級 金=梅木真美
78kg超級 銀=田知本愛 銅=山部佳苗

 なかでも意味があったのは、低迷していた男子中量級と重量級の2階級での金メダル獲得だろう。1999年の階級変更以来、金メダルがなかった81kg級(それ以前の78kg級では1995年大会で古賀稔彦が優勝)では、筑波大4年の永瀬貴規が決勝で2013年大会優勝のロイク・ピエトリ(フランス)を崩れ上四方固めで押さえ込み、一本勝ちで初の金メダルを手にした。

 さらに昨年大会、「世界には対抗できない」と選手を刺激する意味もあって代表派遣を見送った100kg級では、内股を武器とする24歳の羽賀龍之介(旭化成)が初出場・初優勝を遂げて、2010年大会の穴井隆将以来となる頂点に立った。

 一方、女子ではロンドン五輪後から左ひざの治療のために長期休養し、2013年11月に復帰しながらも昨年は世界選手権代表を逃していた52kg級の中村美里(三井住友海上火災保険)が、2011年大会以来の金メダルを獲得。また、昨年の世界選手権で2回戦敗退を喫したロンドン五輪・57kg級金メダリストの松本薫(ベネシード)も2010年大会以来となる優勝を果たし、来年のリオデジャネイロ五輪へ向けての足固めをした。

 こうした世界大会では、チーム全体として早く良い流れに乗ることが必要だ。今年行なわれた他競技の世界選手権でも、競泳では萩野公介の欠場で初日にメダルが獲れず、そして陸上でも「メダルは確実」と期待されていた男子20km競歩の鈴木雄介がケガのために棄権し、その後はともに日本チーム全体が苦戦する展開となった。初日から結果を出してチーム全体の士気が上がれば、メダルラインにギリギリの選手や入賞ラインにギリギリの選手が、その勢いに乗って好成績を残すということはよくある。

 柔道では、チームに勢いを与える役割を、これまで男子60kg級と女子48kg級が担っていた。しかし男子60kg級では、接戦を制して勝ち上がっていた志々目徹(了徳寺学園)が準決勝で2014年アジア大会優勝のエルドス・スメトフ(カザフスタン)に有効で敗れて銅メダル止まり。さらに、過去6大会で日本勢が5回優勝と圧倒していた女子48級でも、前年王者の近藤亜美(三井住友海上火災保険)は4回戦で敗れて銅メダルとなり、2010年大会と2011年大会で2連覇した浅見八瑠奈(コマツ)も決勝でパウラ・パレト(アルゼンチン)に優勢負けで金メダル獲得を逃した。

 その翌日の男子66kg級は、大会4連覇を狙う海老沼匡(パーク24)と、成長著しい22歳の高市賢悟(東海大)で金メダルを狙った階級だった。だが、高市は1回戦でスゴイ・ウリアルテ(スペイン)に一本負け。そして海老沼も3回戦でリショド・ソビロフ(ウズベキスタン)にまさかの一本負けを喫してしまい、チーム全体に嫌な空気が広がりつつあった。

 しかしその危機を救ったのが、女子52kg級に出場した中村の優勝だった。また、その翌日に行なわれた男子73kg級も2010年以来4大会連続で日本が制している階級ということもあり、2011年&2014年王者の中矢力(ALSOK)と、2013年王者の大野将平(旭化成)がともに決勝へと進出。日本人対決は大野に軍配が上がったが、金メダルの連続奪取でチームの悪い流れを完全に断ち切ることができた。

 ここで良い流れに傾いたことが、男子81kg級(永瀬貴規)や男子100kg級(羽賀龍之介)、そして女子78kg級・梅木真美(環太平洋大)の金メダル獲得につながったと言っていいだろう。悪くなりそうな流れをしっかり止めた女子52kg級の中村や、男子73kg級の大野と中矢の力は本物だといえる。

 ただ、これで来年のリオ五輪も万全かといえば、まだ楽観視するわけにはいかない。五輪直前の世界選手権は来年に向けて勢いをつける場ではあるが、牙を潜めている国もあるからだ。ロンドン五輪前年の世界選手権では5個の金メダル(男子2、女子3)を獲ったものの、本番では松本薫(57kg級)の1個のみに終わっていることを忘れてはいけない。

 世界選手権で優勝すれば、これまでよりマークがきつくなり、研究されるのは当然だ。今大会で金メダルを手にした永瀬や羽賀がリオ五輪の代表になった場合、それをどうくぐり抜けることができるか。

 さらに、これまで日本の主力階級だった男女軽量級の敗戦も、気になるところだ。女子48kg級は、金メダルを逃した浅見と近藤がこの敗退をバネにし、どこまで自分を磨き上げていけるか。一方の男子60kg級と66kg級は、今回代表に選ばれた選手だけでなく、2013年大会の60kg級世界王者・高藤直寿(東海大)や、高校2年生でグランドスラム東京の66kg級を制した阿部一二三(神港学園高)などが、この結果をチャンスとみてどのような戦いを挑んでいくのか。残り1年の成長に注目したい。

 そして最後は、「柔道の象徴」とも言える男子100kg超級だ。絶対王者テディ・リネール(フランス)の7連覇は許したものの、七戸龍(九州電力)が安定した柔道で決勝へと進出した。1年後のリオ五輪、最初に行なわれる軽量級がキッチリと結果を出して良い流れを作り、続く中量級が今大会のように勢いに乗ってメダルを量産できれば、最終日に悲願の「打倒・リネール」を成し遂げる可能性もゼロではない。そのとき初めて、お家芸「柔道」は完全復活したと高らかに宣言できるはずだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi