写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートで7日、秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」(9月8日〜11月1日)のプレスプレビューが開催され、東京ディズニーシーでは、悪役"ヴィランズ"をテーマにした新ハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」が悪天候のため一部内容を変更してお披露目された。

東京ディズニーシーは今年、"ヴィランズ一色の、クールで妖しいハロウィーン"にテーマを一新。妖しげな異空間に変貌したパークで、ミッキーやディズニーの仲間たちとディズニーヴィランズ(ディズニーアニメの悪役の総称)が、クールなハロウィーンを繰り広げる。

プレスプレビューでは、当日朝まで降っていた雨の影響により、ヴィランズが主役となってハロウィーン・パーティーを開催する新ハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」の初回は、キャラクターたちが陸に上がらない悪天候バージョンで行われた。

『眠れる森の美女』のマレフィセント、『ピーター・パン』のキャプテン・フック、『リトル・マーメイド』のアースラら9人のヴィランズは、5隻の船に乗って登場。ミッキーやミニーをはじめとするディズニーの仲間たちも、それぞれのヴィランズをイメージしたコスチューム姿で登場し、ヴィランズたちとダンスを披露した。

東京ディズニーシーでは、アメリカンウォーターフロントとアラビアンコーストでも、ヴィランズをテーマにした新プログラムを開催。ヴィランズをイメージしたスペシャルメニューやデコレーションなどが登場するほか、ヴィランズの手下たちが登場するアトモスフィアショーが展開される。

なお、東京ディズニーランドは今年も、ディズニーの仲間たちと陽気なおばけたちによる"ハロウィーン・フェア"をテーマに開催。パレード「ハッピー・ハロウィーンハーベスト」では、"風変わりなお菓子"が新たにモチーフに加わり、お菓子の装飾が施され、音楽も一新した。

ハロウィーンの定番"キャラクターのフル仮装"は、毎年恒例の東京ディズニーランドに加え、今年は東京ディズニーシーでも楽しめるように。フル仮装可能な期間は、東京ディズニーランドは9月8日〜14日、10月26日〜11月1日の合計14日間、東京ディズニーシーは9月15日〜17日の3日間限定となる(東京ディズニー・リゾート・オフィシャルウェブサイト参照)。

撮影:蔦野裕