シティが獲得したラヒム・スターリング(左)とケビン・デ・ブルイネ(右)【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

“勝者”はシティ。「過剰」ではない補強

 現地時間1日、プレミアリーグの夏の移籍市場が閉幕した。各クラブとも、長きに渡るシーズンに備えて補強を敢行している。その中でも、補強が成功した“勝者”のチームと、逆に思うような補強ができなかった“敗者”のチームはどこだったのだろうか。英国在住の現場記者が分析する。

---

 プレミアリーグ勢の中で、今夏の移籍市場に最高額を投じたのはマンチェスター・シティ。世界屈指の“金満クラブ”は、7月に欧州サッカー連盟(UEFA)のフィナンシャル・フェア・プレー(FFP)規則違反に対する処分が解除されたばかりだ。総額約1億6000万ポンド(300億円弱)もの補強には、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督をはじめ、FFP規則は「あってないようなものだ」と嘆く向きある。

 但し、その補強が内容的にもプレミア最高であることは誰もが認めるところだろう。最終ラインでは、無失点での開幕4戦4勝という結果からして、要となるバンサン・コンパニが昨季の不振から立ち直った感がある。

 そこに、それぞれ若さと衰えが不安のエリアカン・マンガラとマルティン・デミチェリに代わるCBコンビの相棒として、27歳と脂の乗っているニコラス・オタメンディがバレンシアから加わった。

 アストンビラから攻守両用のファビアン・デルフを中盤の持ち駒に加え、前線にはリバプールとボルフスブルクで昨季最大の武器となっていた、ラヒム・スターリングとケビン・デ・ブルイネを手に入れている。

 5500万ポンド(100億円強)でのデ・ブルイネ獲得には「強欲」との声もある。一足先にスターリングも加わった前線2列目は、元々プレミア随一のプレーメイカーと評判のダビド・シルバがおり、サミル・ナスリが控えに回るほどのレベルにあったからだ。だが、貪欲なまでの前線強化も、攻撃志向のマニュエル・ペジェグリーニ率いる集団がチャンピオンズリーグ(CL)でも優勝争いに挑む意気込みの表れと理解すれば「過剰」ではない。

 今季の第一目標はプレミア王座奪回だろうが、欧州との二足のわらじを履いて国内でのゴールを目指す戦力が十二分に揃った。

CB補強失敗のチェルシー。ユナイテッドは守護神残留

 狙ったターゲットを逃さず獲得したシティの補強は、ジエゴ・コスタとセスク・ファブレガスの獲得が優勝への起爆剤となった昨夏のチェルシーを思わせる。そのチェルシーは、2列目にこそペドロ・ロドリゲスというクオリティを買い入れたが、開幕4戦9失点の守備面ではCB補強の第1ターゲットだったジョン・ストーンズをエバートンから獲れず、新ボランチ獲得は手つかずに終わった。

 シティは2節での直接対決完勝(3-0)に続いて移籍市場でもライバルに先勝し、今夏の勝者としてリーグ優勝へのスタートを切ったと言える。

 一方、今夏の敗者としてはマンチェスター・ユナイテッドの名前が『ミラー』紙などのメディアで挙っている。たしかに、ダビド・デ・ヘアの移籍失敗を巡り、レアル・マドリーと責任のなすり合いとなった移籍市場閉幕の後味は最悪。

 だが、ユナイテッドは守護神を失わずに済んだ側だ。19歳のFWアントニー・マルシャルが移籍金3600万ポンド(約67億円)に値するかどうかは今後の成長次第だが、強度不足だった中盤中央にはモルガン・シュナイデルランとバスティアン・シュバインシュタイガー、突破力が乏しかった前線にはメンフィス・デパイを得て弱点解消が図られた。

 リーグ2位の1億3900万ポンド(260億円弱)を費やした補強により、総合力は確実にアップしている。

この夏の“敗者”は…?

「ペトル・チェフのみ」と非難されているアーセナルに関しても、補強失敗の烙印を押すのは早すぎる。フロントが「大型予算」を公言していただけに、実質的な補強がGKだけに終わった事実は淋しいが、長年の問題だった自軍ゴール前の穴がついに埋まった事実は大きい。

 新守護神を迎えた6月の時点では、優勝争いへの本格参戦を予想する声も上がった戦力を持つだけに、既存のフィールド選手たちが力を発揮すれば、チームを信じるベンゲルの勇断として讃えられ得る買い控えだ。

 敗者と呼ぶべきは、最重要課題のCF補強に失敗したトッテナムだろう。後方のリスクを承知でハイラインを基本に攻めるスタイルを貫くマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、攻撃のフィニッシュ役となるハリー・ケインへの過度の依存を昨季中から心配していた。プレッシャーの重さか、22歳でレギュラー2年目の若きエースは今季開幕4戦で無得点。チームにも白星がない。

 改善策はウェストブロミッチで速さと勝負強さを備えたセカンドトップへと成長したサイド・ベラヒノ獲得のはずだった。当人も移籍を志願してトッテナム入りを待っていた。

 にもかかわらずの交渉不成立。ダニエル・レビー会長はタフな交渉戦術で知られるが、土壇場4度目の最終オファーでさえ、2500万ポンド(約46億円)という先方の値踏みに対して、前金はその4分の1以下で残金は出来高制も取り入れての分割払いという条件を提示したという情報が真実であれば、強気どころか見当違いもはなはだしい「戦術ミス」だ。

 しかも、2年連続となるエマニュエル・アデバヨール売却失敗のおまけ付き。昨季から戦力外のベテランCFは、翌々日発表のプレミア登録選手リストにも含まれていない。

 ケインの負荷軽減は獲得候補としては3番手だった前リヨンのクリントン・エンジに望みを託す状態だ。トッテナムにとっては、早くも目指すトップ4戦線からの後退を告げるかのような市場閉幕となった。

text by 山中忍