新開発された“2億5,000万画素”CMOSセンサー

写真拡大 (全2枚)

 キヤノンは7日、約2億5,000万画素(19,580×12,600画素)のCMOSセンサーを開発したことを発表した。35mmフルサイズ以下のAPS-Hサイズにおいて、世界最高画素数になるという。

 新開発のCMOSセンサーを搭載したカメラを使った撮影では、約18km先を飛行する飛行機の機体文字の識別に成功したとのこと。

 また動画については、フルHD(1,920×1,080画素)動画の約125倍、4K(3,840×2,160画素)動画の約30倍という超多画素の撮影が可能。回路の微細化や信号処理技術の進化により、1秒間に12億5,000万画素の信号読み出しが可能となっており、19,580×12,600画素のフルスペックの場合は、毎秒5コマのスピードでの動画撮影となる。

 今後キヤノンでは、特殊監視・防犯機器への応用、超高精細計測機器・産業機器への応用、映像表現分野での活用などを検討する。

■関連リンク
キヤノン:キヤノンCMOSセンサーの世界