カンボジア戦では34本のシュートを放ちながら3得点に止まった日本。今後の対戦相手も守備を固めて来ることが予想される。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

ワールドカップ・アジア2次予選と親善試合のスケジュール

日付
カテゴリー/対戦国(H&A)

15年 9月8日(火)
アフガニスタン(A)

   10月8日(木)
シリア(A)

10月13日(火)
イラン(A)

   11月12日(木)
シンガポール(A)

   11月17日(火)
カンボジア(A)

16年3月24日(木)
アフガニスタン(H)

   3月29日(火)
シリア(H)

 9月8日のアフガニスタン戦を皮切りに、日本代表がワールドカップ・アジア2次予選でアウェー4連戦に臨むわけだが、10月13日のイランとの親善試合(会場はアザディ・スタジアム)を含めると怒涛の5連戦という“ハードスケジュール”なのだ。
 
 ハリルホジッチ監督は、アジア2次予選の組分けが決まった際にこう言った。
「我々は、特にアウェーで違うなにかを学ばないといけない。長い距離を移動し、政情不安な国々でも試合をすると思うが、そういう状況下で我々がどのようなキャラクターや決断を持ってできるかにトライしたい」
 
 6月のシンガポール戦、先日のカンボジア戦とアジア2次予選でどこかすっきりしない戦いを続ける日本代表が、停滞ムードを払拭する意味で今回の5連戦はひとつのターニングポイントになるだろう。
 
 たとえ内容が悪くても、勝ち星を積み重ねるだけでチームにもたらされる自信は大きい。相手の力量に関係なく、アウェーで5連勝できればそれだけで計り知れない価値があるというわけだ。ホームでの勝利とはまた“違うなにか”を必ず得られるはずである。
 
 なにしろ、その5試合のうち4つがワールドカップ予選という真剣勝負なのだ。日本代表が最終予選、ひいてはロシア・ワールドカップ本大会に向けてチームを成長させる意味でも、貴重な舞台になるのは間違いない。
 
 そうした観点からすると、9月8日のアフガニスタン戦はかなり重要。イランのアザディ・スタジアムで開催される一戦で快勝し、続くシリア戦(2次予選最大の山場か)に向けて弾みをつけられるかは日本代表の今後を左右するポイントになる。

グループE順位表(9月6日現在)

順位
国名
勝点




得点
失点

1
シリア
6
2
2
0
0
7
0

2
シンガポール
4
3
1
1
1
4
1

3
日本
4
2
1
1
0
3
0

4
アフガニスタン
3
2
1
0
1
1
6

5
カンボジア
0
3
0
0
3
0
8

※最終予選に進むのは各組1位の8か国と各組2位のうち成績上位の4か国。

 9月6日時点でのグループEの順位表を見るかぎり、現在3位の日本は1位通過を狙うとしてひとつの黒星が致命傷になる可能性が高い。当面のライバルに映るシリア、シンガポールをここから抜き去るには、ひとまずアフガニスタンを蹴散らす──。
 
 ハリルホジッチ監督が言うように「見据えるのは3年後のロシア」なら、アウェーロードのスタート(アフガニスタン戦)でいきなり躓くわけにはいかない。
 
 アフガニスタンとの一戦を前に、長友もしっかりとした口調で次のように語った。
 
「環境、連戦を言い訳にしていたら、ここから勝ち進むことなんてできない。ワールドカップ(本大会)も連戦で戦わないといけないので、しっかりとコンディションを維持して戦いたい」
 
 さて、言い訳無用のアフガニスタン戦でハリルジャパンはどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待して見守りたい。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)