「史上最高傑作」は過言じゃない!

写真拡大

日本コカ・コーラは2015年8月31日、「ジョージア ザ・プレミアム」を発売した。

1975年に登場し、今年で40周年を迎える缶コーヒーブランド「ジョージア」の「史上最高傑作」として同社が送り出した商品。その触れ込みに偽りはないようで、飲んだ人から次々と「マジでウマい!」の声が上がっている。

「現缶コーヒー中ベスト」との呼び声も

「『ワンランク上の缶コーヒー』を、缶コーヒーを愛するすべての人に届ける」を目指した商品。ブラジル産アラビカ豆最高等級に位置するコーヒー豆を中心にブレンドし、豆量は通常より30%多く使用。あらびきにすることで雑味を抑え、豆本来の味が楽しめるコーヒーを実現した。

通常と比べて10〜20%長い時間をかけ、低温帯でじっくり焼き上げる「深煎りじっくり焙煎」、違う特性の豆を二層に重ね、抽出機内の温度に注意しながら丁寧に抽出する「二層抽出」というこだわりの製法に加え、焙煎した豆をしぼって抽出したコーヒーオイルをブレンド。コーヒーの香り立ちを強めることに成功した。

乳は粉乳を使わず100%牛乳を使用、北海道産の生クリームも用いることでミルク感の強い味わいに仕上げている。

かなりの自信作のようだが、飲んでみた人の反応はどうか。ツイッターを見てみると、

「ジョージア ザ・プレミアム初めて飲みましたが、これは美味しい!現缶コーヒー中ベストかも」
「『ジョージア史上、最高傑作』というだけあってなかなかハイスペックに仕上がっている」
「開けた瞬間の香り、甘みと苦味のバランスの良さ コーヒーの旨味が感じられて、まさに集大成ですね」
「ジョージア ザ・プレミアム、まじウマ。とうとう出てきた。これは、缶コーヒーの新しい時代の始まり」

などなど、絶大な支持を得ているようだ。缶コーヒー好きでまだ飲んでいないという人は、その舌で「史上最高傑作」の味を確かめてみては。

希望小売価格は119円(税別)。