タモリ

写真拡大


6日放送の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)で、タモリが、電話での連絡に対して持論を展開する場面があった。

番組では、バーを模したスタジオでママ役の宮沢りえと、タモリ扮する「吉原さん」など来店客に扮した出演者がトークを繰り広げる。この日は、SMAPの香取慎吾がゲストとして登場した。

トーク中、香取は自身の電話番号を交換することがほとんどないと告白。宮沢が「あんまり人と関わるのが好きじゃないんですか?」と尋ねると、香取は言葉を濁してしまう。

そこでタモリは会話に割って入り、「電話ってのは信じらんないね、かけまくって。なんで?」と疑問を投げかけたのだ。

続けてタモリが「何をやってるか分からない相手に向かって電話をするってのは大体おかしいですよ」と熱弁を振るうと、宮沢も「相手の時間を束縛するわけですからね」と同調。

そして、タモリは「電話するなら、『電話する』って前もって一本電話するとかね」とコメントし、出演者の笑いを誘っていた。

【関連記事】
タモリがマツコ・デラックスを自宅に招き驚愕「玄関から入れないかと…」
タモリが結婚観をめぐって持論を展開「結婚は一種の狂気」
タモリが福山雅治の作詞ポリシーを絶賛 ラブソングに「愛してる」を使わない