福岡県を中心に百貨店を展開する井筒屋<8260>は28日、05年2月期の連結通期業績予想で、純利益が従来予想を8億3000万円下回る6億円の赤字となったようだと発表した。前の期の実績は21億2600万円の黒字だった。早期退職・子会社や社外への再就職を支援する「ニューライフプランサポートシステム」導入による3億6400万円の特別損失や、繰延税金資産の取崩しで法人税等調整額の2億5700万円を計上したことが原因。

 経常利益は、営業諸経費が増加したことで従来予想を2億4000万円(16.0%)下回る前の期比60.5%減の12億6000万円。売上高は修正はないが、競合店の出店などが響き、前の期比7.9%減の1170億円となったようだ。【了】