8アンダーで3日目を終えた松山英樹 写真は2日目(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ドイツ銀行選手権 3日目◇6日◇TPCボストン(7,242ヤード・パー71)>
 米国男子ツアープレーオフシリーズ第2戦「ドイツ銀行選手権」の3日目。首位と6打差の10位タイからスタートした松山英樹は4バーディ・2ボギーの“69”でスコアを2つ伸ばし、トータル7アンダーでホールアウトした。
松山英樹、イーグル奪取でガッツポーズ
 上位進出を目指したムービングデーは、スタートから思うようにチャンスをモノにできずパーを並べる展開。初バーディは約156ヤードを2メートルにつけた9番。続く10番でも5メートルを放り込んでバーディとし中盤にスコアを伸ばした。
 しかし、14番でセカンドをバンカーに入れると3打目は出すだけとなりボギー。15番はバーディとするも、ティショットをグリーン右に外した16番パー3はアプローチを寄せきれずボギーとした。それでも前日イーグルを奪った最終18番で約6メートルに2オンするとイーグルは逃したもののバーディを奪取。ホールアウト時点では首位との差を4に縮めている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
石川遼も興奮!薗田峻輔“前半パーフェクトプレー”で4位T