海外組から刺激…長友の運動量に驚く米倉「同じSB目線ですごい」

写真拡大

 8日に行われるロシア・ワールドカップアジア2次予選アフガニスタン代表戦に向け、日本代表は6日、試合が開催されるイランの首都テヘランで2日目の練習を行った。練習後、ベガルタ仙台所属のGK六反勇治とガンバ大阪所属のDF米倉恒貴が記者団の取材に応じている。

 六反は練習後、「攻め方だったりとか、この前の試合(3日のカンボジア戦)を踏まえて引いた相手に対してどうやって崩すのかとか」と非公開だった練習内容について明かすと、「練習する時間があるので、十二分に取り組めてるのかなと思います」と満足感も口にした。そして、アフガニスタン戦に向けて「やっぱり勝たないといけない試合になると思う」と意気込みを語ると、「そういう意味ではみんな意識を持ってやってるのかなと思います」とコメントした。

 一方、代表で左サイドバックを務める米倉は、「紅白戦とかでも左をやることはガンバではないんですけど、そういうのを練習でやることで、コツをつかめたり、感覚をつかめたりする。両方できればメリットだと思うんで、しっかり代表でもやれればいいなと思ってます」と普段クラブでは経験しない、左サイドでのプレーに収穫を得た様子。

 さらに同じ両サイドバックをこなせる長友佑都(インテル)について、「間近で初めて見て、ホントに驚くくらい走ってたし、やっぱりすげえなと思いました」とコメントし、「海外でプレーしてるだけあって、やっぱあれだけ最後クロスを入れられるっていうのは、同じサイドバック目線で言ったらすごいことだし、まだまだ盗まなきゃいけないものが沢山あるなと思いました」と、長友のプレーに刺激を受けている。