長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は6日、イランの首都テヘランで2日目のトレーニングを行って8日のW杯アジア地区2次予選アフガニスタン戦に向けて汗を流した。

 3日のカンボジア戦から休みなく移動して調整を続けているが、DF長友佑都は「この前の試合の修正点だったり課題っていうのは今日ミーティングもしましたし、練習でもその課題を修正するトレーニングができた」と改善への手ごたえを口にしている。

 インテルでは相変わらず難しい立ち位置にいるが、日本代表ではこれまで通り主力としてサイドライン際を疾走する長友は、自身の役割について「前の選手が気持ちよくプレーできるようなサポート」だと強調している。

 カンボジア戦では縦関係のコンビを組んだ武藤嘉紀を後ろから支え、自分を囮にしてどんどん仕掛けるよう指示していたという長友。これまで様々な選手と左サイド攻撃を作り上げてきた百戦錬磨のSBは「上がらない方がいい場面もあるし、そこはもっともっとコミュニケーションを取ってやっていきたい」と、試行錯誤を続けていく姿勢を見せる。

 そして「環境だったり、連戦だったり、言い訳をしていたらこれから勝ち進んでいけないですし、W杯も連戦で戦わないといけない」と代表で戦ううえでの覚悟を語った。

「良くならないとダメですよね。1つ1つ成長できるように」と向上心を失わない長友は、貪欲に走り抜き、イタリアで磨いた攻撃参加と粘り強い守備を生かして日本を勝利に導く。

text by 編集部