無心で2戦連発狙う香川「来たボールを打つだけ」

写真拡大

 イラン遠征中の日本代表は6日、テヘラン市内で練習を行い、中立地で行われる8日のW杯アジア2次予選・アフガニスタン戦に向けて調整した。練習後、報道陣の取材に応じたMF香川真司(ドルトムント)はテヘランの気候について「湿度がないけど、乾燥している。ちょっと標高も高いので、スプリントすると少し息切れする」としながらも、「でも湿度がないほうがやりやすい」と前向きに語った。

 練習前に行われたミーティングでは、3日のW杯アジア2次予選・カンボジア戦(3-0)の映像を使って修正点が指示された。練習は冒頭部分以外、非公開で行われ、攻撃面の戦術を確認。香川は「クロスの上げ方、(ゴール前への)入り方。その精度を高めていくことを言われた」と、ミーティングの内容の一端を明かした。

 カンボジア戦はミドルシュートによる2発などで今予選初勝利を挙げたが、ハリルホジッチ監督は試合後の会見で「今日、少し気づいたが、こんなにセンタリングを上げて、(ゴール前の選手が)合わせる回数が少なかった」と指摘。今後のトレーニングで改善していくことを示唆していたが、その“予告”どおり、この日のミーティングと練習でクロスからの攻撃パターンを確認したようだ。

「入り方の部分で監督からは『スピードの緩急を意識していけ』『ボールを出したらどんどん入っていけ』と言われた。ゴール前に入っていくスピード感を修正していきたい」。よりフィニッシャーとしての意識を高める香川は「運動量豊富にやって、ゴール前に入る姿勢を出していきたい。自分からどんどん動き出していきたい。こういう気候なのでやりやすい」と力を込める。

 カンボジア戦は2-0の後半16分にダメ押しの3点目を決め、ハリルジャパン初ゴールを決めたが、それ以外の決定機に決め切れなかったことを悔やんでいた。この日、フィニッシュの精度について「ボールを枠に飛ばすこと。考え過ぎず、来たボールを打つだけだと思う」と語った香川。無心で2戦連発を狙っていく。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア2次予選特集