タカラバイオ<4974>は28日、05年3月期通期連結の業績予想で、経常損益が前回発表予想を11億円下回る、10億円の赤字となる見込みだと発表した。

 同社は大学や研究機関が顧客の大半で、第4四半期の売上高が通期の売上高の大部分を占める。最需要期3月が不調で、売上高は同予想を18億円下回る、前期横ばいの137億円となると見られる。純損益は同予想を12億円下回る、12億円の赤字となりそうだ。

 これに伴い、同社の親会社の宝ホールディングス<2531>も同日、連結業績予想の下方修正を発表した。清酒市場の低迷などで、売上高は前回発表予想を45億円(2.3%)下回る、前期横ばいの1955億円。経常利益は同予想を22億円(25.3%)下回る、前期比25.2%減の65億円。純利益は同予想を9億円(27.3%)下回る、前期比57.6%減の24億円となる見込み。【了】