イラン遠征中の日本がアフガニスタン戦へ非公開で調整

写真拡大

 イラン遠征中の日本代表は6日、テヘラン市内で練習を行い、中立地で行われる8日のW杯アジア2次予選・アフガニスタン戦に向けて調整した。全23選手が参加し、冒頭部分以外、非公開で行われた。

 3日のカンボジア戦に3-0で勝ち、今予選初勝利を挙げた日本は1勝1分の勝ち点4。E組首位は勝ち点6のシリアで、6月11日のアフガニスタン戦(6-0)、今月3日のシンガポール戦(1-0)と2連勝を飾った。シンガポールも1勝1分1敗の勝ち点4、得失点差+3で日本と並ぶが、総得点の差でシンガポールが2位、日本が3位となっている。

 アフガニスタンは6月11日のシリア戦は0-6で大敗したが、同16日には敵地でカンボジアに1-0で勝利。現在、1勝1敗の勝ち点3でE組4位に付けている。最新のFIFAランキングでは日本の58位に対し、アフガニスタンは130位。過去に一度だけ対戦し、1951年3月の第1回アジア競技大会で日本が2-0で勝っている。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア2次予選特集