Doctors Me(ドクターズミー)- ブーツの季節は恐怖…そんな足臭女子が気をつけたい3つのコト

写真拡大

足の臭いは気になるものですが、そもそもなぜ足は臭うのでしょうか? 靴の中や足の爪、足のヒフで、繁殖した多量の雑菌が出す排泄物による腐敗臭と、白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる細菌感染による水虫が、臭いの最大の原因です。

では、なぜ足にそのような雑菌や白癬菌が多量に繁殖するのでしょうか? 医師に詳しく聞きました。

足の臭いのメカニズム

雑菌や白癬菌が発生するのは、足の裏に密集している汗腺(かんせん)と呼ばれる汗を出す器官が関与しています。エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれる2種類の汗を出す器官(汗腺)は、体中にありますが、特に足の裏に密集しています。

そして、足の裏は毎日びっくりするほどの汗をかいています。足のにおいの最大の原因である、雑菌やバクテリア、白癬菌は、このエクリン腺とアポクリン腺から分泌される汗をエサにして、繁殖し、それが足の臭いとなるワケです。

“足が臭い女子”の驚愕の事実

1:靴下をはかずに靴を履く女子
靴下をはかずに素足で靴を履くと、汗を吸収してくれるものがないので、靴の中が蒸れてしまい、足が臭くなります。

2:炭水化物をよく食べる女子
ご飯やパスタ、パンなどといった炭水化物の摂取が過剰になると、汗の臭いをヒドくする原因になってしまいます。

3:足裏をよく洗わない女子
足の裏を清潔にしていないと雑菌やバクテリアを増殖させます。また、もしかしたら白癬菌がひそんでいるかもしれません…。

以上のようなことに毎日気をつけて、足を清潔に保ち、臭いから足を守ってあげましょう。