<アルファクラブCUP シニアオープン 最終日◇6日◇矢板カントリークラブ(6,742ヤード・パー72)>
 シニアツアー『アルファクラブCUP シニアオープン』は全日程が終了。初日自己ベストスコアで首位に立った崎山武志が、この日7バーディ・1ボギーの“66”でラウンド、トータル15アンダーに伸ばし逃げ切りで今季3勝目を挙げた。
 2日目ではスタートホールの1番でバーディ発進を決めた崎山。すると7番、9番でバーディを重ね前半で2つ伸ばし折り返す。すると後半では10番でバーディ。その後13番、15番、17番でも重ねホールアウトした。
 2日間で奪ったバーディはイーグルを含む15バーディ。それにに対してボギーは1つのみと抜群の安定感を見せ、今季3勝目を挙げた崎山。これで室田淳を抜き賞金ランキング1位に浮上した。ちょうどシーズンを折り返したシニアツアー。今季の崎山の勢いなら賞金王も。今後の崎山に注目だ。
 ちなみに、崎山が2日間でマークした“129”の15アンダーは36ホール最小スコアのシニアツアー新記録となった。
【最終結果】
優勝:崎山武志(-15)
2位:湯原信光(-12)
3位T:芹澤信雄(-11)
3位T:久保勝美(-11)
5位:植田浩史(-10)
<ゴルフ情報ALBA.Net>