2試合連続の31号2ラン、ホークスは5時間超え熱戦制す

 ソフトバンク・松田宣浩内野手が、6日の楽天戦(ヤフオクD)で今季3本目のサヨナラ弾を放った。

 3−3の延長12回2死一塁。右腕・入野のスライダーを左中間の本塁打テラスへ、2試合連続となる31号2ランを放り込んだ。今季9度目のサヨナラ勝ちだ。

 今季ヤフオクドーム最長の5時間1分の死闘を制し、優勝マジックは12。今季の楽天戦勝ち越しを決めた。

 試合後、松田はお立ち台へ。

――5時間超えのゲームを決めた。

「疲れました。本当に5時間戦った中で、ファンのみなさんが残ってくれた。12回表を投手が抑えて負けはなかった。とにかく今日は絶対に勝ちたかった。本当に勝ちをみんなにプレゼント出来て良かっ たです」

――序盤にリードされ、中盤に追いつき、8、9、10回とピンチをゼロでしのいだ。

「本当にみんなで守ってゼロで抑えて、延長まで来た。こういう試合は今年1年間やってきた野球。チームを信じて、いい守りが出来たと思います」

前打者・李大浩の四球に「マジかよ」

――サヨナラ弾は前を打つ李大浩が四球でつないだ。どんな気持ちだったか?

「大浩さんが決めてくれると思ってたんですけど、四球になった瞬間、『マジかよ』と思った。これは初球から積極的にいくしかないな、という思いでいきました」

――スタンドに入った瞬間は?

「勝った。良かった。その二言です」

――4月2日のオリックス戦、6月11日の阪神戦でも サヨナラ本塁打。今季3本目。

「前の打者がつないでくれてるんで。僕も(中村)晃につなぐ思いを持ってやっている。それが打線として機能していると思う。これからも打線として頑張りたいと思います」

――チームは今季最多の貯金41。

「勝利は選手のみんな、ファンのみなさんと全員で勝ち取った勝利。明日からビジターへ行くんですけど、しっかりと勝って福岡に帰ってきたいと思うので。みなさん待っといてください」

――最後に熱い一言を。

「はい! それでは最後は1、2、3、マッチ!で締めたいと思います。皆さん、お立ちください! いきます! 1、2、3、マッチ!! どうもありがとうございました !!!」