吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

 W杯アジア2次予選のアフガニスタン戦が開催されるイランのテヘランに到着した日本代表は5日、現地でトレーニングを行った。

 カンボジア戦ではミドルシュートを決めた吉田麻也。今回も期待がかかるが「いやあ、ないでしょ(笑)。そんなに甘くない」と2戦連発への意欲はないようだ。

 だが「セットプレーではもちろん狙っていきますけどね。僕だけじゃなくてチームとしても取れるようにしなきゃいけない」とFKやCKに合わせていく意思を見せた。

 ピッチの感覚については「芝の状態も日本とかヨーロッパとは違いますし、感覚はつかなまきゃいけない。跳ねやすいし、イレギュラーしやすいし、乾燥してる」。それでも「その中でもやらなきゃいけないと思います」と現地の芝に順応していくつもりだ。

 今回対戦するアフガニスタン代表へのイメージは「全くない。ナショナルチームが活動してること自体、グループ分けで分かったくらい」と述べた。

 相手は格下ではあるが、日本としても決して楽観できる状態ではない。

「1勝しただけで何も状況は変わっていないし、まだ勝ち取ってないので、勝ち点を積み上げていくことが大事だと思います」と吉田は気を引き締めた。

text by 編集部