酒井宏樹【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

攻め上がりと積極的なクロスを入れた酒井宏

3-0で勝利を収めながらも物足りなさが残ったカンボジア戦。一方でハリルホジッチ監督に求められるのはアジアで勝つことではなく世界で勝つこと。そして、試合後に選手たちの口からは同じイメージで攻撃を仕掛けていたことが語られていた。

ーーーーーー

 カンボジアを相手に3得点を奪い、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が就任して初の公式戦の勝利を飾った。ホームで相手はFIFAランキング180位ということもあり、メディアもファンも3得点では物足りないという声が多く見られるのはある意味で当然だ。

 そうした状況にあって、シンガポール戦からの確かな変化も見られた。それは縦に急がず左右、中央のエリアを意識しながら相手ディフェンスに揺さぶりをかける狙いが表れていたことだ。相手の守備を見ながら効果的なエリアを使ってチャンスメークするのは本来的に特別なことではないが、これまで新しい監督のもとで基本コンセプトの実現に縛られていた部分もあった。

 カンボジア戦で見られた狙いの1つがサイドの活かし方だ。この試合にあたりサイドハーフとSBをうまく使い、ダイアゴナルのパスを入れて崩すという方向性は試合前からチームとして共有していた様だが、いざスタートしてみるとカンボジアの右サイドつまり、日本にとっての武藤と長友が縦に並ぶ左サイドに相手の守備が偏っていた。

「今日の前半は佑都くん(長友)の方がケアされていたので、右からの方が効果的だったと思います」と語るのは右SBの酒井宏樹だ。前方の本田圭佑と連動しながら頻繁に高い位置まで上がり、積極的にクロスを入れた。

「圭佑くん(本田)に食い付いてきたので、そこにボールを付けて自分が回り込む」と攻め方を明かした酒井宏樹。結果的に受け手が惜しいチャンスを逃す形でアシストは付かなかったが、「3本ばっちり合った」と言う様に、特にファーを狙ったクロスが武藤に合う形で惜しいチャンスを演出した。

長友との絡みの少なかった武藤。その真相は?

 前半26分には本田がボールを奪ったタイミングでインサイドに駆け上がり、エリア内でパスを受けた香川のショートクロスからシュートに持ち込むなど、右からの多くの攻撃に絡んだ酒井宏樹は「前回(シンガポール戦)は攻め方がノーマルだったので、ちょっとサプライズも含めて、僕と佑都くんで高い位置まで行くのは1つの選択肢として良かったんじゃないかと思う」と振り返った。

 その一方で左サイドの長友は前半の途中まで高い衣位置でボールを触るシーンが少なかった。しかし、シンプルな右への展開から酒井宏樹と本田が常に起点になる状況で、相手の守備が同サイドに寄ると、逆に左側が空いてくる。

 左ウィングの武藤は前半の途中まで右で作った攻撃に飛び込んだが「相手が修正してきたら左が空き出したので、(長友と)2人でどんどんボールに絡んで行こうと話していました」と語る様に、途中から左サイドでボールを持つシーンが目立つ様になった。

 ただ、そこで気になったのが、ボールを持った武藤の外側を長友が追い越しても、武藤は内側を向いてパスやドリブルを選択したことだ。タイミング良く外の長友にパスを通して絡む場面はおそらく1度も無かったはずだ。それについて武藤に質問すると「佑都くんにディフェンスがぴったり付いてきて、無理に使わないでいいよと言ってくれていた」と真相を明かしてくれた。

イメージを共有できていたサイド攻撃

 ザッケローニ時代は左のボランチの遠藤、ウィングに香川がいたこともあり、SBの長友を絡める形で左からの攻撃が非常に多く、右SBの内田篤人は「左サイドで攻撃を作って、右から岡ちゃん(岡崎)で仕留めるのが日本のパターン」と表現していた。

 ザッケローニは片方のサイドが上がれば逆サイドは守備のバランスを取る意識が徹底しており、長友が高い位置まで上がると内田は低い位置でバランスを取る関係になる。

 その当時よりも、ハリルホジッチのチームは左右の攻撃バランスが選手のイニシアチブに委ねられている様に見える。もちろん右サイドに本田がいることもあるが、攻撃の流れによってどちらかがより起点に絡んで行くかは変わってくる。

 それを選手がどう判断し、チームとして攻撃のイメージを共有できるかがサイド攻撃の効果に直結するが、国内組で戦った東アジアカップを含め、相手を見て攻撃イメージを組み立てることが最もできていた試合だった。

「相手によって変わりますし、今日の前半は佑都くんの方がケアされていたので、右からの方が効果的だったと思いますし、やっていてはまっていたので、そういうところは良かったと思います。

 後半は逆にすごくケアしてきたので、佑都くんが空いてきましたし、どっちが攻め上がるとかではなくて両方とも行ける様な体制を取っておけば強い相手にはいいんじゃないかと思います」

目標は格下からの大量得点か、世界で戦える力か

 そう語る酒井宏樹はカンボジア戦である程度の感触を掴んだものの、質の部分で課題があることも認識している。「10本走った選手というより2、3本でもアシストした選手の方が評価されますし、そういう選手になっていきたい」と酒井宏樹は語るが、その向上は個の判断力や技術だけではなく、チームでの攻撃イメージが高まることとセットになる。

 シンガポール戦で幸先の良いスタートを切れず、東アジアカップでも結果が出なかったことで、今後の試合である程度の結果を出しても風当たりの強い時期が続くだろう。

 だが、その間にもチームの力を蓄えるほど、いざ世界に出たときの成果は上がるはず。“格下”とされる相手に大量得点で勝てれば理想的だが、本当の目標がもっと先にあることはブラジルW杯で日本のファンも認識したはずだ。

 予選を突破することはノルマだが、大事なのはその先につながる力をどう蓄えていくか。そのために必要なのはチームの土台を作りながら、しっかり相手を見て攻撃イメージを共有すること。その意識をようやく、サイド攻撃から感じられた試合だった。

text by 河治良幸