切符は、はるか18世紀のものだ──そう語るのは、イーロン・マスクが2年前に構想した未来の超高速鉄道「Hyperloop」の実現を目指すスタートアップHTT社CEO ディルク・アールボーン氏。インタヴューで「Hyperloop」実現へ向けての想いを語った。

「デュルク・アルボーンは、未来の電車「Hyperloop」を実現させられるのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

「彼らの話はもう止めよう。ただ見て、通り過ぎよ」──ダンテは『神曲』で、こう書いている(地獄篇第3歌51行、藤谷道夫訳)。この言葉は、不可能だと外野から見て言うだけの輩に立ち向かう挑戦者にかける言葉として、最適だ。

そしてディルク・アールボーンも、この言葉に当てはまる。彼はカリフォルニアの企業「Hyper Transportation Technologies(HTT)」のCEOで、イーロン・マスクが2年前に思い描いた革命的な輸送システムの実現にいま向かっている。

彼らが目指している輸送システムは、一種の磁気浮上式の「電車」である(ただし電車との共通点は、ほぼまっすぐな線路に沿って進むという事実においてのみだが)。このHTT社の新しい輸送システムは、減圧したチューブの内部を乗客を乗せてたくさんのカプセルが運行する。

厳密に言えばHTT社は、このプロジェクトの傘下で動くスタートアップのひとつにすぎない。2013年8月、マスク氏はプロジェクトの枠組みをオンラインで発表した。(自身に取り組む時間が十分にないため)誰もがそのアイデアを自由に実現できるようするためだ。別のスタートアップ「Hyperloop Technologies」も、アールボーン氏率いるHTT社と併走している。

しかし、ドイツ出身のこの起業家は、競合相手も反対論者の懐疑論も、さほど気にかけていないようだ。ウィーンで開催された「Pioneers Festival」のインタヴューでアールボーン氏に対して抱いた印象は、故フランソワ・ミッテランの愛用したスローガンを引用するなら「静かなる力」だ。つまり、誰にとっても恐るべき相手となりうる「現実的で、奥底に情熱が入り交じった人物」である。

もともとのアイデアは空想的だ

「(マスク氏の)最初のドキュメントがきっかけを与えてくれました。その内容には非常に素晴らしく参考になるものもあり、いくつかの解決策を提案してくれています」と、アールボーン氏は説明する。

「プロジェクトに着手した当初、まずはいくつかの点に変更を加えました。初期ヴァージョンのものはとても窮屈でした。そこで、3歳の子どもから80歳のご婦人まで、快適に利用できるシステムにしようとしたのです」

クラウドファンディング・JumpStartFundでアールボーン氏が集めたチームは350人ほどのメンバーからなるもので、その報酬はストックオプションなのだという。彼らは、元々はロサンゼルスとサンフランシスコを結ぶ交通機関に過ぎなかったアイデアを、より野心的で明確なものにしていった。

「わたしたちのプロジェクトでは、どのように都市から都市へ移動するのかだけではなく、どのようにしてHyperloopの駅から駅へと移動するのかについてもフォーカスしています」と、彼は付け加える。

「すべてが機能し便利になるためには、都市のあらゆる場所からでも最大20分でも主要駅に到着できることが必要です。わたしたちは、例えば“運転手なしのクルマ”を使うシステムを考えています。こうした自律走行する車両が、最寄りのHyperloopの駅へと乗客を送り届け、そこから主要駅へと輸送するのです」

従来とは違う、収益性を考える

Hyperloopに乗車するのに一体いくらかかるだろうか? いまのところの計算では、航空券の2倍の値段になるという。

「ビジネスプランの段階では、こうした数字にも意味があるのかもしれません」と、アールボーン氏は語る。「しかし、個人的には乗車運賃が収益を生み出す最良の方法ではないと確信しています。“キップ”なんてものは、非常に18世紀的だと思いませんか? いま、わたしたちは2015年に生きているというのに」

想定される収益源のひとつは、「広告」と「ビッグデータ」の活用だ。交通システムを管理する会社は、多くの乗客のデータから、広告主に合ったプロファイルをつくることができるだろう。

ほかにも、「エネルギーを販売する」という手もある。Hyperloopの回生ブレーキでは、エネルギーの50パーセントをも回収できる。あるいは、チューブを支える柱の上に置かれるソーラーパネルで発電した電力をすべて販売する(車載バッテリーに貯めるという選択肢もある)。また、Hyperloopの駅に多くの人々が行き来するので、歩行から生み出される運動エネルギーを電力に変換するテクノロジーを利用することも考えている。

実現に向けた、周辺環境を整える

他の輸送インフラで、コストを膨れあがらせている主要なコストのひとつが、いわゆる「通行権」だ。(例えば、ロサンゼルス-サンフランシスコ間の高速鉄道の通行権のコストは、680億ドルと計算されている)。

「Hyperloopはすでに存在する路線の上や高速道路沿いを走ることになります。つまり、コストをずっと抑えられるということです」と、アールボーン氏は語る。さらに、地面に対して高いところを走るため、農地をはじめ、そもそもの土地を保つことができる。

では、住宅地で気になる騒音については、どうなのだろうか? 電車と同じくらいか、少し小さいくらいだという。

「Hyperloop」は、地面からの柱により支えられる必要がある。HTT社は、必要な柱を設置することに同意するのを渋る土地所有者を説得するために、さまざまな戦略を考えている。ひとつは、柱の上のソーラーパネルで発電したエネルギーの利益をその土地所有者と分け合う案だ。

また柱は、細かな埃を落として空気を浄化する特別なセメント(以下の動画)で建造することができるかもしれないと考えている。

もうひとつは、農家が利用することのできる垂直庭園のインフラだ。これは、路線を環境のなかによりよく溶け込ませることに役立つだろう。

最大の問題、コストを考える

マスク氏の元々のアイデアに対しては、さまざまな批判的な指摘がされた。ある人は、チューブの内部で高温になりすぎることを強調した。またある人は、このように長く細い構造のため風に影響を受ける可能性や安全面の問題を提起した人もいた。

しかしアールボーン氏は、どれも心配していないようだ。「最も大きな問題は、いかに移動するカプセルをコントロールするかということです。わたしたちは、エアクッションと磁気浮上をミックスしたシステムを用います。とくに後者はより信頼性の高いテクノロジーで、現在市場で主流となっているMagLev(マグレブ:磁気浮上式鉄道)よりもコストがかからない技術なのです」

コストについては、HTT社のチームは「路線600kmあたり160億ドル」と試算している(ロサンゼルス-サンフランシスコ区間のトンネルを含んだ場合)。低く見積もられ過ぎていると考えている専門家もいて、少なくとも1,000億ドルは必要という見方もある。

「彼らがどのような計算をしたのかわかりませんが、わたしたちは具体的な数値をもっています。財務担当の20人のスタッフの試算では、これでも多すぎるくらいです。おそらく支出は、さらに少なくすることもできるでしょう」と、アールボーン氏は語る。

一番大事なこと、安全性を考える

テロや事故の脅威を煽る人もいる。これはしかし、Hyperloopだけの問題ではない。あらゆる種類の危険を予測することは不可能なのは明らかだ。なぜこのことが、事業をやめなければならない理由になるだろうか。

事故については、「何も起きないことを願っていますが、わたしたちには、カプセルの速度やブレーキの制動時間、考えうるあらゆる変数を計算して、起こりうるあらゆる問題を分析して解決しようと試みる対策チームがあります」

Hyperloopのカプセルは、「ピークの時間には30秒毎」に、「混雑しない時間には2分毎」に出発する予定だ。もし車両事故が起こっても、自動的に他のすべての車両に影響を与えないようにする必要があるだろう。なぜなら、車両が超高速であることで、カプセル同士の安全距離は大きくなるからだ。さらに、テロの予防は、空港で行われるのと同じように、駅で乗車する前に行われるのがよいだろう。

共同創業者でミラノのインキュベーターDigital Magicsのガブリエーレ・グレスタいわく、カプセルのデザインは(そして恐らく柱のデザインも)イタリアで行われるかもしれないということだ。

TAG

CityDesignElon MuskHyperloopStartupTransportationWIRED IT