乙女心くすぐるふわふわラグも!「Francfranc」から秋冬コレクションの展開がスタート

写真拡大 (全3枚)

9月に入り、秋の気配を感じるように。大好きな秋を心豊かに楽しみたいから、おうちのなかも、ベッドリネンを秋色にしたり、ソファのクッションカバーやラグを変えてみたりと、秋らしく模様替えしたくなる。そこで覗きに訪れたいのがオシャレな品揃えで人気のインテリアショップ「Francfranc」。8月28日(金)より2015年秋冬コレクションの展開がスタートしているそう。

「今季のFrancfrancは、コンテンポラリーで女性らしい、穏やかで洗練されたフェミニントーンの“PINK Gradation”と、深い森を都会的に表現する“Deep Forest”を二大テーマに、自然豊かな北欧のライフスタイルからインスピレーションされた、心地よい生活や温もりを感じさせるアイテムを展開します。きっとお気に入りのアイテムが見つかると思いますよ!」と広報の近藤さん。

ほんのり甘くエレガントな雰囲気がタイプなら、“Pink Gradation”がイチオシ。女性がいちばん心地良いと思える、肌に近い色目のピンクやベージュなどのフェミニントーンを重ね合わせることで、穏やかで洗練された女性らしいコンテンポラリーな空間が演出できるのだそう。ふわふわの毛足の長いクッションカバー(2500円)やラグ(43200円)、水彩のような淡いバラが描かれたバスタオル(3000円)やマグ(900円)など、乙女心くすぐるアイテムばかりでうっとり。

さらにこの今季限定で、FrancfrancオリジナルのピンクカラーのBoddy Dazzlerも登場。Francfranc アトレ恵比寿店 Girl’s Marche限定で、2色各10体のみなので、気になる人は即駆けつけて。
また、アースカラーやマニッシュな雰囲気が好きなら、“Deep Forest”をチェック。春のコレクションに引き続き、アースエナジーを感じる森の中に動植物をモチーフにしたデザインや、70年代をイメージするレトロなカラーやアクセントを取り入れることで、潤いを感じる温もりのある空間が表現できるそう。くすんだグリーンの色使いがシックな植物柄のクッションカバー(2000円)や流行りの多肉植物のテラリウム(4800円)、白い陶器のホワイトラビットモチーフのトレー(1800円)など、こちらも雰囲気があって素敵なアイテムばかり。


そのほか、大都会でありながらどこかのんびりとした空気で懐かしさと新しさが調和するニューヨーク・ ブルックリンのカフェをイメージしたおしゃれなテーブルウエアの展開など、コーヒー好きの心をくすぐるラインナップも。センスのいいコーヒードリッパーなどは、彼へのギフトにしても喜ばれそう。

秋のおうちタイムをハッピーに彩ってくれるインテリアを探しに、ぜひ訪れてみては?