<ゴルフ5レディス 2日目◇5日◇みずなみカントリー倶楽部(6,559ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー『ゴルフ5レディス』の2日目はイ・ボミ(韓国)が3つ伸ばし2週連続の完全優勝に王手をかけた。そのボミを追うのは若林舞衣子と井芹美保子。若林は前半ノーボギーでラウンドし、一時ボミを抜き単独首位に立つも、後半再逆転を許し、2位で2日目を終えた。一方の井芹は、途中まで7バーディを奪い追い上げるも上がり2ホールで痛い連続ボギーでフィニッシュ。結局はボミに2打差をつけられた。
「ゴルフ5レディス」2日目をライブフォトで振り返る!
 2位の2人と1打差の6アンダーの4位には今季ツアー初優勝を挙げ、現在賞金ランキング4位の菊地絵理香ら4人が入った。また、大健闘をしているのは高校1年生のアマチュア・稲見萌寧。稲見は2日目を終えてトータル5アンダーの8位タイにつけた。
以下は各選手のコメントを掲載
若林舞衣子(-7・2位T)
「途中前半バーディがポンポンポンとハイって首位に立ってたりしたんですけどね。後半ショットがなかなかつかなくて…ギリギリ乗ってパーというのが多かったです。ボミちゃんはバーディどれだけ獲るの?っていうくらい獲ってましたね」。「明日は良い争いが出来ればなと思います。(2打差は)結果は結果でしかないので、自分の良いゴルフを追及して、それに結果がついてくればいいなと思います。ボミちゃんと良いショットのやり合いをしたいなと思います」。
井芹美保子(-7・2位T)
「(最終日最終組に)今のところ緊張もないですし、明日になってみないとわからないですね」「(明日)私もベストのプレーをすれば追いつけるかもしれないですから、5〜6アンダーをしっかり出さないと」。
菊地絵理香(-6・4位T)
「パッティングが全然決まってくれなかったですね。ショットもチャンスにはつけられなかったですし、一杯一杯かな」。「う〜ん、自分の中ではもう少しいけたかなという気持ちはあるので、結構ストレスの溜まるラウンドだったので、明日スカッとできたらいいなと思います」。
稲見萌寧(-5・8位T)
「全体的に良くて、パターが良いところから入りました。最後もセカンドが1m位に寄ってくれて」「(明日は)狙いはローアマ獲れたらいいなと思っていたので、あとは3日間アンダーパーで回れるようにしたいです」。
<ゴルフ情報ALBA.Net>