3回には梶谷11号2ラン&ロペス24号ソロ

 DeNAが5日の本拠地・巨人戦で6-5で勝利し、連敗を2で止めた。先発の砂田が7回7安打3失点で3勝目(4敗)を挙げた。

 初回、荒波が相手先発・高木勇からライトへ先頭打者本塁打を放つと、3回には1死一塁から梶谷がライトスタンドへ11号2ラン、さらに2死後にロペスが左中間スタンドに24号ソロを運んでリードを4点に広げる。

 一方の砂田は5回、先頭の長野にレフトへヒットを浴びると、四球と安打で無死満塁のピンチを迎える。小林のショートの併殺の間に1失点。さらに2死三塁から代打で打席に立ったルーキーの岡本にレフトスタンドへ2ランを浴びて1点差に詰め寄られる。

 しかしDeNA打線も反撃し、7回2死二塁から内村がライトへタイムリーヒット。梶谷が四球を選び、一、二塁となった場面で筒香もセンターへタイムリーヒットを放ち、2点を加点。救援陣が8回、9回に1点ずつを失うも、何とかリードを死守した。DeNAはこれで連敗を2で止めた。