アスルクラロ沼津の練習に参加した中山雅史氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 コンサドーレ札幌でのプレーを最後に一線を退いていた元日本代表FW中山雅史氏が、JFLのアスルクラロ沼津の練習に参加した。同クラブのツイッターで発表されている。

 中山は日本代表として1998年W杯本大会に出場し日本史上初のゴールを決めた。Jリーグでは最優秀選手賞や得点王など多くの功績を残し、2012年12月に一線を退くことを表明。中山は157得点というJ1通算最多得点記録を保持しており、これは未だに破られていない。

 アスルクラロ沼津はツイッターを通じて「本日、中山雅史氏がトレーニングに参加いたしました! 」とつぶやき、その模様を伝えた。チームに加入することは決まっていないが、仮に現役復帰となれば3年ぶりとなる。

 元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治に、元日本代表DF山田卓也やDF市川大祐が加入したことで話題となったが、それ以上の衝撃がまもなく訪れるかもしれない。

text by 編集部