上田桃子、ボミに一矢報いることが出来るか?(撮影:福田文平)

写真拡大

<ゴルフ5レディス 2日目◇5日◇みずなみカントリー倶楽部(6,559ヤード・パー72)>
 初日は1アンダーで回り20位タイだった上田桃子。しかし、この日は前半で5つスコアを伸ばす猛チャージを見せる。後半はパットが決まらずスコアを伸ばせなかったが、“67”をマークし、トータル6アンダーで首位と3打差の4位タイに順位を上げた。
4位浮上の上田桃子!ライブフォトで試合2日目を振り返る
 後半は少々残念な内容だったが、この日はショットが安定。「今の自分のスタイル、しのぎながらチャンスを決めるゴルフができた」と笑顔を見せた。今季ここまで未勝利ながら、賞金ランクは5位につける上田。安定したプレーを見せており、今は“自分の週”が来るのを待ち続けている。
 賞金女王レースでは現在イ・ボミ(韓国)が独走中、昨日一緒にラウンドした上田は「今のボミは余裕もツキもある。リズムも変わらないしモチベーションも高い」とボミの安定感を賞賛した。それでも「追う方はプレッシャーをかけていかないと。一矢を報いたいですね」と逆転優勝へ意欲をみせる。
 このままやすやすと賞金女王を決められるわけにはいかない。「このまま終らせたくはありません」。明日は序盤からチャージをし、ボミにプレッシャーをかけていきたいところ。最終組の1組前で、ボミに聞こえるような大歓声を巻き起こすプレーができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>