タモリ

写真拡大

4日放送の「ミュージックステーション」でタモリが、マツコ・デラックスを自宅に招いた時の驚愕のエピソードを語った。

番組には斉藤和義がゲストで登場。斉藤の紹介VTRが流れると、そのなかで2003年リリース「喜びの唄」のMVが取り上げられた。それにはブレイク前のマツコが出演しており、話題になっているのだという。

その当時、斉藤はマツコと面識がなかったそうだが、「マツコさんが本を初めて出版して、たまたま読んでてそれがすごく面白くて。で、この方に出ていただきたいんですけどって言って」と、出演をオファーした当時の状況を明かした。

斉藤は「こんなことになるとは当時思わなくて」と、あまりに有名になったマツコに驚きを見せる。ふたりは去年、テレビ局でばったり再会したそうだが、マツコは「ひさしぶりねえ」と言いながら斉藤の乳首を触ってきたそうだ。

そして、斉藤がステージ披露の準備に向かっている間、タモリはマツコを自宅に招いたときのことを語りだす。タモリの話によると、マツコはスタジオで見るときはそれほど大きくは感じないが、「家でマツコちゃん見ると凄いですよ。玄関から入れないんじゃないかと思う」と、かなりインパクトがあり驚いたのだとか。

さらに、タモリはマツコが自宅に入ってきた様子について「巨大なものが家に入ってきますからね」と解説し、「マツコちゃん凄いです…」としみじみ語っていた。

【関連記事】
タモリが福山雅治の作詞ポリシーを絶賛 ラブソングに「愛してる」を使わない
タモリが女性の叱り方に持論「逃げ道を作る怒り方ができない」
「Mステ」でSMAP・中居正広のボケ対応をぶった切る展開に出演者が大ウケ