『キッカー』誌記載の、今夏ブンデスリーガからプレミアリーグへと移籍した「有力な選手たち」のベスト5

写真拡大 (全2枚)

前年の14倍。ブンデスに流れ込んだプレミア・マネー

 ブンデスリーガが新たな局面を迎えている。15/16シーズンの夏の移籍市場を最も賑わせたのは、ドイツを離れてイングランドへと向かう選手たちだった。

 市場が閉じようとする直前の8月31日付の『キッカー』誌は、「新しい状況」と表した。そして「ブンデスリーガ全体にとっての挑戦」と記している。

『キッカー』誌のデータによれば、ドイツからイングランドに移籍した選手の数は、13年は4人だったのが、14年には10人となり、15年、つまり今年は16人となった。選手の数は緩やかな増加傾向にある。

 そして移籍金の額に目を移すと、13年の2940万ユーロ(約39億円)から14年は1500万ユーロ(約20億円)と落ち込んだが、今年は飛躍的に増加した。15年の移籍金の額は、2億1700万ユーロ(約288億円)である。前年に比べて、約14倍のプレミア・マネーがブンデスリーガに流れ込んだ。

『キッカー』誌は「ブンデスリーガは有力な選手たちを失ったが、信じられないほどの多くの資金を受け取った」と記している。

『キッカー』誌記載の、今夏ブンデスリーガからプレミアリーグへと移籍した「有力な選手たち」のベスト5は図のとおり。順位は移籍金の額を基準とする。

突然の資金獲得は「混乱を招く」か「成長を促す」か

 デ・ブルイネを売却したクラウス・アロフスSDは「我々皆が順応しなければならない新しい状況だ」と『キッカー』誌に話している。アロフスSDによれば、これまで2000万ユーロで獲得した選手は、それ以上の額で売却することは出来ないと信じられてきた。

 しかし14年1月に1800万ユーロでチェルシーから獲得したデ・ブルイネは、その約4倍の額でシティへと移籍することとなった。これまでの通念が変化しつつある。

 ヴィマーをトッテナムに700万ユーロ(約9億3000万円)で売却した、ケルンのヨルク・シュマートケCEOは「現在起きていることは、全く非現実的なものだ」とコメントしている。

 デ・ブルイネの移籍金を初めとして、先に記した2億1700万ユーロという額が途端に流れ込んできた状況が、そのように感じさせたのだろう。しかし一方で、バイエルンの取締役マティアス・ザマーはこう述べている。

「我々の下に金がやってくる。それはそんなに悪いことなのか?」

 例えばシュマートケCEOは、タレントを抱えるクラブがある日突然3000万、4000万ユーロもの資金を手にして、そうでないクラブとの間に格差が生まれるといったような「ブンデスリーガの経済上のバランス」が崩れることを危惧しているようだ。

 岡崎をレスターに売却したマインツのクリスティアン・ハイデルSDは「イングランドに対して不安はない」と話している。ハイデルSDは、「多くの資金」によってスカウティング網を刷新したり、ユースの育成に投資したりすることが出来ると考えている。

『キッカー』誌が「パイオニア」と形容するように、そもそも“転売型”のクラブ経営を行ってきたハイデルSDとすれば、拒むような状況ではないのだろう。

高価な移籍金を分不相応と見るローター・マテウス氏

 市場が閉じて間もない9月2日付の『シュポルトビルト』誌では、ローター・マテウス氏が、ブンデスリーガの「新しい状況」について見解を述べている。

 マテウス氏は、今夏の移籍劇で各クラブの主力がイングランドに去ったにもかかわらず、「勝者はブンデスリーガのクラブたちだ!」と宣言した。

 同氏はデ・ブルイネやソンが去ったことで、アーノルドやブラントといった次代のドイツサッカーを担う若手が出場時間をより長く確保し、成長に繋げることができると考えている。

 逆に言えば、イングランドでは若いタレントのプレー機会が少なくなることになり、イングランド代表は大きな問題を抱えることになる。マテウス氏はそう見ている。

 またプレミアリーグに移籍した選手たちのことを「高価なミドルクラス」と表現した。例えばデ・ブルイネを売却して得た7500万ユーロで、バイエルンが獲得したコスタ(3000万ユーロ)とビダル(3700万ユーロ)の両選手を購入したとしてもお釣りが来る。

 言うなれば、入ってきたプレミア・マネーで、より安くより優れた選手を獲得することも可能になる。マテウス氏は、イングランドに去った選手たちの移籍金の額が分不相応と見ている。

 このように、ドイツのブンデスリーガからイングランドのプレミアリーグに移籍する選手の数が増加する傾向にあり、また、その際に入ってくる移籍金の額が飛躍的に伸びていることに対する反応は、多種多様である。

『キッカー』誌は、イングランドのクラブは来年もっと多くのお金を駆使できる、と見ている。

 16年の夏は、より多くの選手たちがドイツを去り、さらに多額のプレミア・マネーがブンデスリーガに入ってくるのだろうか。そしてその多額の資金はブンデスリーガに、ひいてはドイツサッカーにどのような影響を及ぼしていくのだろうか。

『キッカー』誌は、最後に次のように記している。

「そのあと何が起きるのか、ほとんど思い描けない」

 パンドラの箱が、開けられたのかもしれない。

text by 本田千尋