タイトルは「ビートルズ写真集 〜映画『HELP!』の撮影現場から〜」

写真拡大

ザ・ビートルズの2作目の主演映画「HELP!」(邦題「ヘルプ! 4人はアイドル」、1965年公開)の制作現場で撮影された写真集が、同作品の公開50周年を記念してヤマハミュージックメディアから2015年9月18日に発売される。全ての収録写真が未出版のもので、若き日のメンバー4人の貴重なオフショットを満載している。

公開50周年記念で刊行、選りすぐりの「『ありのまま』の4人」

収録された写真は、映画の撮影現場写真を専門に手掛けるカメラマン、エミリオ・ラーリ氏によるもの。同氏は「HELP!」の後も、「ゴッドファーザー」3部作など140を超える作品の現場写真を撮影している。

写真集にある説明によると、「ラーリは考えられるあらゆるポイントから何千枚もの写真を撮った。(中略)4人が駐車場へ向かうときも、第2スタジオの廊下で休憩をとるときも、ラーリは後をついていった。そうやって彼は、4人が現場から離れ、ふざけたり、人をからかったりしている様子をうまく写真に収めた」という。煙草をふかすポール・マッカートニーや、女性用のかつらをかぶってピース・サインを決めるジョン・レノンなど、撮影の合間に見せるふとした表情が切り取られている。

ビートルズの主演第1作「A Hard Day's Night」(邦題「ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!」、1964年公開)がドキュメンタリータッチで制作されたのに対し、「HELP!」は、オーストリアのアルプスをロケ地に娯楽劇映画として作られた。

ビートルズ研究の第一人者といわれ、数々の専門書を著してきた藤本国彦氏は、「映画(「HELP!」)に出てくる4人は、自然体ではなく、俳優を演じているように映る」と表現した。しかし藤本氏は、今回のラーリ氏の写真については「映画『HELP!』に出てくる4人とはまるで違う。喩えて言うと、まるで最初の主演映画に出てくる『ありのまま』の4人なのである」と評している。

写真集はA4変型判で、全144ページ。定価(税別)は3500円。全国のヤマハ特約楽器店・書店、ヤマハミュージックメディア・オンラインショップなどで購入できる。同写真集は米国でも同時刊行される。