負傷離脱中のサミ・ケディラ【写真:Getty Images】

写真拡大

 右太ももに重度2の肉離れを負って離脱しているユベントスのMFサミ・ケディラ。現地時間の5日、EURO2016予選ドイツ対ポーランド戦を訪れていた同選手は、現在はクラブでのプレーに集中していることを強調した。イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。

 ケディラは現在ドイツ代表のメディカルチームと治療に当っている。しかしながら、同選手は代表復帰については「素晴らしい」としながらも、「今はユベントスのことしか頭にないよ」と答えている。

「ここのメディカルスタッフは僕が一刻も早くピッチに戻るための手助けをしてくれるんだ」

 今夏、レアル・マドリーからユベントスに加入したケディラだがシーズン開始前に負傷で離脱してしまっている。昨季、ユベントスを牽引した中盤MVPP(クラウディオ・マルキージオ、アルトゥーロ・ビダル、アンドレア・ピルロ、ポール・ポグバ)のうちピルロとビダルが退団したことで、ケディラの活躍が期待が集まっていた。果たして無事に復活を遂げることはできるのだろうか。

text by 編集部