4日放送の「ヨソで言わんとい亭〜ココだけの話が聞ける(秘)料亭〜」(テレビ東京系)で、北朝鮮から逃れた女性が、壮絶な脱北体験を明かした。

番組は「北朝鮮の最新事情 大暴露SP!」と題して、2003年に北朝鮮から脱出し、日本で暮らす高政美(コウ・ジョンミ)さんが出演した。

高さんは、大阪生まれの在日朝鮮人だが、高さんが3歳だった1963年に、家族と共に北朝鮮に移住した。そして高さんが大学の講師を勤めていた1999年に、金銭トラブルに巻き込まれ、北朝鮮では最下層にあたる農村に追放されたという。

その屈辱から高さんは「死んでも骨を(北朝鮮に)埋めたくない」と思い、脱北を決意したのだとか。高さんは2001年、当時42歳のとき、中国国境付近の川を渡る脱北集団に参加。発見されれば殺されるため、毒薬のアンプルを襟の中に隠していたという。

なんとか中国に渡った高さんだったが、信頼していた在中朝鮮人に全財産を奪われてしまう。そこで、人身売買される寸前に逃亡し、中国・煙台で日韓米のNGO団体による脱北者輸送計画に参加した。

ところが、これが中国の警察に見つかってしまい、高さんは北朝鮮に強制送還されてしまう。北朝鮮の刑務所では拷問が待っており、高さんは「全世界の言葉を借りて、その拷問を受けたことを書こうとしても、表現できません」と、振り返った。

そんな高さんは、裏金を使って釈放されると2度目の脱北に成功し、中国で身を潜めた。そこで、日本のNGO団体と連絡を取ることができ、奇跡的に日本に渡ることができたという。

現在、日本で暮らす高さんは、日本人に感謝の気持ちを明かし「我々は、一生懸命がんばって生きて、本物の人間になった。幸せになった私たちが『北朝鮮をなんとかしないといけない』という、使命感がある」と涙ながらに語った。

この告白に、司会の名倉潤は「生身の声が1番響くね。生きた声ですね」「『人間になれました』っていうのが、すごい心に(響く)」と、切実に語った。

【関連記事】
宮根誠司氏が拉致被害者問題について北朝鮮側の思惑を推測
東国原英夫氏、北朝鮮拉致問題について持論を展開「制圧しようと思えば3日で制圧できますよ、北朝鮮は」
北朝鮮の日本人拉致問題について、安倍首相は「小泉訪朝は失敗」と分析していることを青山繁晴氏が明かす