チェルシーが獲得を狙っていたリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナのFWリオネル・メッシを巡ってチェルシーが仰天プランを用意していたようだ。4日、イタリア『カルチョメルカート.com』が報じている。

 同メディアによれば、チェルシーはかつてメッシ獲得のため5億ユーロ(約663億円)を用意していたとのこと。2億5000万ユーロをバルセロナに対して支払う移籍金として、残りの2億5000万ユーロをメッシに対する2020年までの5年間の給与として提案していたようだ。しかしながら、バルセロナの回答は「ノー」。世紀のビッグディールは幻に終わっている。

 メッシは13歳の時にバルセロナの下部組織に入団した。以後、15年間に渡って同クラブに貢献している。チャンピオンズリーグを4回、リーガ・エスパニョーラを7回、コパ・デル・レイを3回制し、バロンドールを4度受賞した。

 ここまでバルセロナ一筋のサッカー人生を歩んできたメッシ。果たして、このまま同クラブで引退することはできるのだろうか。

text by 編集部