順手でのパットが冴え1打差2位につけた菊地絵理香(撮影:福田文平)

写真拡大

<ゴルフ5レディス 初日◇4日◇みずなみカントリー倶楽部(6,559ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」の初日。今季2勝目を狙う菊地絵理香は5バーディ・1ボギーの“68”をマーク。首位は同組で5アンダーをたたき出したイ・ボミ(韓国)に譲ったが、1打差の2位タイと好スタートを切った。
「ゴルフ5レディス」の模様をフォトギャラリーでチェック!
 「ショットが良くなかったので、4アンダーというスコアには実感がないです」と笑った菊地。特にドライバーが安定しなかったそうで、ティショットには苦しんだが、「パットが好調」でスコアメイクができたという。
 菊地はパットでの引っ掛けに悩み、7月の「サマンサタバサレディス」からパターの握りを左手が下になるクロスハンドに。ところが最近は逆に「球が捕まらなくなってきた」そうで、握りを順手に戻したところ「フィーリングが良くなってきた」と今日の好発進につなげることができた。
 「ショットが優勝争いできる感じではないので、そこが良くなれば」と2勝目はそこを修正できるか否かにかかっている。現在、賞金ランクトップ3は海外勢。菊地は日本勢の最上位につけており、逆転への期待も大きい。しかし、この日はボミと回り「やっぱり安定してますよね」とその実力を賞賛。「あまり気にせず、自分のゴルフができればいいですね」とクールに話した。
 菊地の今季の目標は複数回優勝。上には今一番勢いのある選手がいるが、今週はその目標を達成できるチャンスがきた。菊地は今週単独4位以上で生涯獲得賞金2億円突破という記録もかかっている。これからメジャーなど大舞台も続いていくだけに、ここで勢いをつけ女王レースに名乗りを挙げたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹の“努力”に刺激!青木元美が初予選突破のチャンス
「最後ポンポンとバーディが」若林2位T 藤田、堀ら4位T
【Golfer Loves Car】ウワサの美女とゴルフデート
【LIVEPHOTO】ゴルフ5レディス撮れたて写真をアップ中!
【ギアNAVI】口コミギアランキングをチェック!