山口から劇的な一発、初回には菅野から右超え2ラン

 DeNAの梶谷隆幸外野手が、4日の巨人戦(横浜スタジアム)で今季初の1試合2発をマークした。

 劇的な一発は2点を追う8回2死一、三塁だった。代わったばかりの3番手左腕・山口の初球、144キロ直球をジャストミート。DeNAファンで埋まった右翼席へ運ぶ10号3ランだ。

 2点ビハインドの初回1死二塁では菅野から右越え9号2ランを放っていた。1試合2発で、3年連続2ケタ本塁打に到達。9回に守護神・山崎康が同点に追いつかれたが、驚異の爆発力だった。