美と健康を保つためになくてはならない栄養素がビタミンです。体内でストレスに対抗したりコラーゲンの合成を助けて美肌を保つビタミンCや、血行を促してシミやシワを防ぐビタミンEなど、それぞれのビタミンによってその働きは異なります。美肌や健康のために、ビタミンをもっとたくさん摂取しようと思うのはいいのですが、ビタミンの種類によっては、過剰に摂取すると副作用がこともあるので注意が必要です。

色々あるビタミンは2つの種類に分けられる!

色々あるビタミンは、大きく「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」に分けることができます。水溶性ビタミンは水に溶けやすい性質のもので、ビタミンB1、B2、B6、B12やビタミンC、ニコチン酸、パントテン酸など。これらのビタミンを含んだ食品を食べる際は、水にさらしたり、加熱することによってビタミンが流れ出してしまうので注意が必要です。脂溶性ビタミンは油に溶けやすい性質があるビタミンA、D、E、Kなどです。

水溶性は摂り過ぎてもすぐに排出される

水溶性のビタミンは、摂り過ぎても尿や汗から排出されてしまうため、過剰摂取による副作用はほとんどありません。余計にとっても体内に貯蔵されないということでもあるので、水溶性ビタミンの効果を活かすには、1日のうち何回かに分けて摂取することが必要です。それに対して、脂溶性のビタミンは、摂り過ぎた分は体内に貯蔵されます。毎回の食事で必ず摂取する必要がないのはいいのですが、肝臓や脂肪組織に貯蔵されるため、過剰に摂取すると副作用を引き起こす心配があるのです。

脂溶性ビタミンの過剰摂取による副作用は?

ビタミンA

過剰に摂取すると嘔吐やめまい、腹痛を起こすことがあります。長期間にわたって過剰に摂取し続けると、筋肉痛や食欲不振、皮膚が向けてくるなどの症状が現れることがあります。ただし、体内でビタミンAと同じ働きをするβ-カロテンには過剰症はないと言われています。ビタミンAを効果的に摂取したい時は、β-カロテンを摂取するのがベターです。

ビタミンD

ビタミンDには骨や歯の形成を助ける働きがありますが、摂り過ぎると骨からカルシウムが分離してもろくなります。腎臓や動脈にカルシウムが沈着して重大な症状を発症することもあるので注意が必要です。

ビタミンE

ビタミンEは骨代謝を促しますが、摂り過ぎると逆に骨粗しょう症になってしまいます。

脂溶性のビタミンには、このような過剰摂取による副作用がありますが、普通の食事でビタミン摂取する程度では、副作用は起こりません。ビタミン剤やサプリメントを利用する場合は、容量を守って飲むようにしましょう。


writer:岩田かほり