山口蛍【写真:Getty Images】

写真拡大

 カンボジアとの一戦を終えた日本代表は4日、イランへ出発する前に軽めのリカバリートレーニングで調整を行った。

 東アジアカップにも参加し、カンボジア戦では先発フル出場だった山口蛍は、3日の試合を振り返って「崩しのバリエーションだったりとか、そういうものはもっともっと増やしていかなくちゃいけない」と述べ、攻撃の拙さを悔やんだ。

 だが山口自身、中盤の低い位置に留まる時間が長かったのには理由があった。それは前にいる香川真司を生かすスペースを潰さないためで、互いにコミュニケーションを取ったうえで「真司君が一番生き生きできるようにやるのが一番いいのかなと思った」という。

 それによってペナルティエリア角から仕掛ける香川や本田へのパスが多くなり、見た目にはサイド偏重になっているようだった。中央の岡崎慎司もボールを要求していたため、山口は「自分が何本かはオカさんに入れてあげようかなと思って入れて」いたが、得点という形には結びつかなかった。

「サポートというか、入れた後の周りがちょっと距離が遠かった」と、中央を生かす意識の薄さがバリエーション不足を招いたことを指摘する山口。アフガニスタン戦では短期間で攻撃パターンの大幅な修正が求められそうだ。

text by 編集部