ゴール裏が封鎖されるユベントス【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスは9月12日に開催されるセリエAキエーボ戦でゴール裏を封鎖するようだ。4日、イタリア『カルチョメルカート.com』が報じている。

 昨季のトリノ対ユベントス、トリノダービーでユベントスサポーターが陣取るエリアからトリノサポーターのもとへ紙爆弾が投げ込まれ、スタジアム内の椅子が爆発する事件が発生した。負傷したトリノサポーター11名が病院へ運ばれる事態となった。

 これを受けて、ユベントスはキエーボ戦でホーム側のゴール裏を封鎖することが決定している。同クラブは2013/2014シーズンには地域差別チャントによりゴール裏閉鎖処分を受けており、さらに該当試合で封鎖したゴール裏に子どもたちを無料招待したものの罵倒チャントが起こったことで話題となった。

 毎年のようにゴール裏封鎖が起こっているユベントスだが、問題を解決することはできるのだろうか。

text by 編集部