9月3日はドラえもんの誕生日! 国民的キャラクターの意外に知らない謎とは

写真拡大

9月3日は国民的キャラクター「ドラえもん」の誕生日! それを記念し、9月4日(金)19時から、テレビ朝日にて「ドラえもん誕生日1時間スペシャル のび太特急と謎のトレインハンター」が放送されます。

【9月3日はドラえもんの誕生日! 国民的キャラクターの意外に知らない謎とはの画像・動画をすべて見る】

Twitterでは、「#ドラえもん生誕祭」などのハッシュタグがすでに盛り上がりを見せており、改めて国民的キャラクターとしての人気の強さを感じさせます。

けれど、実は謎や設定の多いドラえもん。皆さんどこまでしっかりと知っていますか?

ドラえもん、そもそも何者?



もちろんみなさんパッと頭に浮かぶであろう、未来から来た猫型ロボットのドラえもん。勉強ダメ、運動ダメ、実は性格もあんまり良くない小学生・のび太の人生を変えるためにタイムマシーンに乗ってやってきて、ひみつ道具を使って手助けをします。

そんなドラえもんの誕生日として迎えた2015年9月3日。そうです、みなさんご存知の通り、マイナス97歳の誕生日ですね。2112年9月3日には晴れてドラえもんが世に放たれることになります。

そんなドラえもんの職業は「特定意志薄弱児童監視指導員」らしいです。特定意志薄弱児童に認定されているのび太…頑張れよ…。

ドラえもんが青い理由は、二つある



ところでドラえもんが青い理由に関してはご存知でしょうか。これ、ネズミに耳をかじられ「青ざめたから」という理由と「泣きすぎて涙でメッキがはがれたから」という理由があり、どちらも間違っていないみたいなんです。

実は時代の変遷とともに、「青ざめた」→「メッキがはがれた」→「青ざめた」(今ココ)と漫画や映画、アニメのなかで描かれ方が変わってきました。

ちなみに筆者は「メッキがはがれた」説が正しいと思い込んでいました。面白いですねえ。

ドラはカタカナ、えもんはひらがな なんで?



最後に、ドラえもんの「えもん」がひらがなの理由、みなさん答えられますか?

正解は、『ロボット戸籍調査員に名前を聞かれた際、「えもん」をカタカナで書けなかったから』らしいですよ!

意外と細やかな部分まで作りこまれているドラえもん、老若男女問わず愛される理由もうかがえますね。今日は仕事や学校、遊びから早く帰って、どら焼きを食べながらドラえもんSPを観賞しましょう。久しぶりに見るドラえもんは、なかなか乙なものがありますよ。