2日、愛知県警察が公式HPに「星座から見た交通死亡事故の特徴」を公開した。

これは、愛知県内で過去10年間(平成17年から平成26年)において発生した死亡事故を、星座ごとに発生状況を分析し、特に注意してほしい部分についてまとめたものだそうだ。

各星座には、星占いを連想させる可愛らしいイラストが添えられ、「歩行者死者」「自転車死者」「高齢死者」などの特徴がまとめられている。

ちなみに、てんびん座は4、10、12月の三河地区に注意、おひつじ座は9、10、12月の名古屋市内に注意とのことだ。

【関連リンク】
星座から見た交通死亡事故の特徴

【関連記事】
警察が白バイの追突事故をもみ消しか?ネットユーザーが告発
警察官が倒れた高齢者を救護した人に反則キップを切る事態か
歩行障害者が警察官より駐車違反の「えん罪」を着せられたと告発