写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の秋元才加が主演を務め、2015年11月14日に公開される特撮映画『媚空-ビクウ-』のTVスポット映像が公開された。

本作は、2014年4月〜9月まで放送された特撮TVドラマ『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』のスピンオフ作品。秋元が演じていたキャラクター・媚空を主人公に、秋元の肉体美と身体能力を存分に生かしたアクションシーンを盛り込み、推理や謎解きを絡めたミステリアスな物語が展開される。兼ねてから秋元の演技にほれ込んでいた雨宮慶太総監督は、昨年11月の時点で媚空を主人公にしたスピンオフ作品の制作をアナウンスしていた。

公開された映像では、秋元演じる媚空の華麗な戦闘シーンをはじめ、「入心の術」など「牙狼」シリーズならではの斬新な映像表現も登場。また、媚空の衣装といえばハードな印象の黒いロングドレスだが、映像では肉体美をあらわにした新たな白いコスチューム姿も初披露する。さらに、本作でキーマンとなる、佐野史郎演じる絶心(ぜっしん)の姿も初公開されている。

キャストはほかに、媚空に憧れる素朴な魔戒法師・代知役に須賀健太、ミッキー・カーチス演じる白海に仕える魔戒法師・紗夜を朝倉えりか、物語の重要な鍵を握る女性・アズサを伊藤かずえが演じる。また、監督・アクション監督は大橋明氏、脚本を江良至氏が担当。

物語は、闇斬師として闇に堕ちた魔戒騎士や魔戒法師を討伐する媚空のもとに、元老院付の法師・代知から「魔戒法師のウサミが闇に堕ちているかどうかを確かめよ」という指令が。「入心の術」でウサミの心の中=精神世界へ入った媚空は、ウサミの精神世界に異常があることを突き止める。その真相を確かめるべく、師匠である白海法師のもとを尋ねた彼女は、さらに深く暗い闇を知ることになる。

映画『媚空-ビクウ-』は、新宿バルト9ほかで11月14日より公開。

(C)2015「媚空」雨宮慶太/東北新社