バルセロナのMFセルジ・ロベルト【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナのMFセルジ・ロベルトが負傷により12日に行われるアトレティコ・マドリー戦に欠場するかもしれない。スペイン紙『マルカ』が2日付けで報じている。

 同紙によると、S・ロベルトは筋肉系の怪我を抱えており、マラガ戦後からバルサのチームの全体練習に一度も参加していない状態でアトレティコ戦に間に合うかは不透明だとしている。

 開幕戦のアスレティック・ビルバオ戦で負傷したブラジル代表DFダニエウ・アウベスと途中交代でプレーしたS・ロベルトは、サイドバックでの活躍が評価されて前節のマラガ戦でも右サイドバックとして先発でプレーした。

 問題が解決したかに見えたルイス・エンリケ監督の頭を、このS・ロベルトの負傷により再び悩ませることになる。

 来年1月まで選手登録が出来ないバルサは、MFセルヒオ・ブスケツとD・アウベスを怪我で、DFジェラール・ピケを出場停止で欠くなど、守備陣にアクシデントが多発している。

 負傷で離脱していたブラジル人DFアドリアーノ・コレイラが水曜から全体練習に復帰しているが、この苦しい現状を乗り切ることは出来るのだろうか。

text by 編集部