『プッチンプリンオーレ』

写真拡大

グリコ乳業は、「プッチンプリン」が飲料になった『プッチンプリンオーレ』を、2015年9月7日に東日本エリアのコンビニエンスストアで先行発売し、14日から全流通ルートで期間限定販売する。

甘い物でストレス解消

『プッチンプリンオーレ』は、たばこや飲酒に代わり、甘い物でストレスを解消したいと考えている人たちが年々増えているという背景から、食後や夜のリラックスタイムの癒しとして飲める甘いスイーツとして開発したという。

プッチンプリンの「バニラの香りと練乳の甘さ」はそのままに、新たにミルクのコクをプラスし、飲料としておいしく飲めるプッチンプリンに仕上げた。希望小売価格105円(税別)で、内容量は180mg。