【女子ユニバーシアード日本代表監督・萩原美樹子インタビュー@後編】

 8月29日、リオデジャネイロ五輪のアジア予選を兼ねた女子アジア選手権が中国・武漢で開幕した。日本は2004年のアテネ大会以来となる五輪切符獲得を目指している。今大会で優勝すれば五輪出場が決定。2位か3位の場合は、来年の世界最終予選に回る。体格の大きな強豪国相手に、日本が勝つためにはどうすればいいのか――。長年の課題について、今年7月のユニバーシアードで日本を世界4位に導いた女子ユニバーシアード日本代表ヘッドコーチの萩原美樹子氏に話を聞いた。

―― バスケットボールの競技の性質上、体格の大きなチームが有利なのは動かしがたい事実でしょうか。

萩原美樹子(以下、萩原):そうですね。私が現役時代、日本代表のチームメイトが「小さい選手はバスケットをするなって言われているようだ」って言ったのを、今でも覚えているんです。それは、大きいチームが強いということだけでなく、国際試合でのレフェリーの笛は、大きな選手に有利に吹かれる傾向にあるんです。大きな選手に押し込まれないように小さな選手が押し返すと、小さな選手にファウルが吹かれることが多い。それを吹かれると、守りようがなくなるんです。

―― それは厳しい現実ですね。

萩原:それでも当然、小さい選手やチームにだって、バスケットをやる権利はある(笑)。それに小さい選手しかできないプレーだってある。国際的に見れば、日本のやっているバスケットボール――ごちゃごちゃごちゃと中でかき回し、外に出してスポーンと決めるバスケットボールは、メインストリームにはなりえません。ただ、それでいいと思います。「他の国にはできない」ということは間違いなく武器ですし、10試合に1試合しか勝てない大きな相手に、勝ったときの喜びは計り知れませんから。

―― ここぞという試合で、弱者がその勝てる1試合を持ってくるために必要なことはなんでしょうか。

萩原:あきらめずにタフに戦えるかが大事ですね。「タフ」というのが、キーワードのひとつになるのかなと思います。いくらシュート力がある選手がいても、ディフェンスで粘れなかったり、リバウンドをあきらめて毎回飛び込めない選手では、国際試合は戦えない。実際、今回のユニバーシアードでも圧倒的なサイズ不足を補うために、インサイドにボールを入れられたら、日本の選手は2人、3人で囲まなければ守れませんでした。

 そうすると、相手オフェンスはアウトサイドにボールをさばきます。すると、こちらもノーマークで打たせるわけにはいかないので、インサイドをカバーしていたディフェンスは追いかけなければいけない。それを何度も何度も繰り返す、精神的なタフさが必要です。言葉にすると簡単ですが、1試合通してやることはなかなか難しいことです。

―― 他にも国際大会で貢献できる選手に特徴はありますか?

萩原:性格的にどんな状況でも、ネガティブにならないことも大事な才能だと思います。ゲームの出場時間、割り当てられた役割によって、ネガティブになってしまう選手がいます。そのひとりのネガティブに、チーム全体が引きずられてしまうことがある。どういう状況でもポジティブで、チームに好影響を与えられる選手であるということは、国際大会にかかわらず大事なことだと思います。

―― 萩原ヘッドコーチは現役時代、日本代表やWNBAプレーヤーとして活躍されました。世界を舞台にプレーしたとき、どんなことを考えましたか?

萩原:「自分のストロングポイントはどこか?」ということは常に考えていましたね。できること、できないことは何か......。そんなことばかりを考えていました。

―― コーチという立場になっても、同じことを考えますか?

萩原:やはり、ストロングポイントはどこかということは常に意識しますね。コーチングに関しても、自分の経験が基礎になっています。ただ、私は選手をコントロールしたくないんです。試合中、コーチが何もしないのが理想だと思っていて。タイムアウトや交代はベンチがやらなければいけないことでしょうけど、それ以外のことはできるだけコートに立つ選手で対処してほしいし、対処できる選手を育てたいと思っています。

―― その意図とは?

萩原:自分が現役のとき、それが一番楽しかったので。それに選手が見ている風景と、コーチが見ている風景って、基本的に違うはず。どんなにいいコーチでも、選手が見ている風景と100パーセント一致することはないと思うんです。もちろん、いいコーチであれば、選手が見えている以上の風景や真実が見えているのかもしれない。でも、選手には選手のコート上の真実があるんじゃないかなって思っています。コートに立っているからこそわかる真実がきっとあるはずなんです。そして、選手が見えている景色、その状況を良くするために何ができるか、何をするべきかを考え、実行できる選手になってほしいんです。そういう選手を育てたほうが、コーチも楽だと思うんで(笑)。

―― 現在、リオ五輪予選の真っ最中ですが、萩原ヘッドコーチの目には今の女子日本代表はどんなチームに映っていますか?

萩原:可能性のあるチームだと思います。192センチの渡嘉敷来夢(シアトル・ストーム/WNBA)、184センチの間宮佑圭(JX-ENEOSサンフラワーズ)、183センチの高田真希(デンソーアイリス)をはじめ、アウトサイドにも170センチ台の選手が揃っている。世界と比べれば小さいですが、過去の代表と比べればとかなり大きいので、すごいチャンスだと思います。

―― アジア予選は9月5日に決勝戦が行なわれます。優勝すればリオ五輪出場が決まりますね。

萩原:世界選手権で6位になっている中国が強敵ですが、なんとか優勝してリオの切符を手に入れてほしいですね。敗れても世界最終予選があるので、五輪出場の可能性は残されますが、アジア予選以上に厳しい戦いとなります。

―― では最後に、全国の小さなチーム、小さな選手に、何かアドバイスをいただけますか。

萩原:願えば背が伸びる......わけではないので、ちっちゃいことを嘆(なげ)いてもしょうがない。そういう私も現役のころ、「朝起きたら背が伸びてないかな」って思ったんですけどね(笑)。どんなに願おうと、結局は小さいままやるしかないし、小さいことの強みを最大限に生かすしかない。だから、「小さいからしょうがない。できない」と考えるのではなく、「小さいからしょうがない。でもだからこそできることがある」と思ってほしいですね。

―― なぐさめでも、社交辞令でもなく、小さくてもできることがあると?

萩原:絶対にあります。そして、「これが自分の強みです」と言えるものがある選手は、本当に強い。バスケットボールは身長だけで勝敗が決まるわけではない。チームゲームですから、それぞれの強みを持ち合って、「1+1+1+1+1=5以上」になれば、強いチームになります。ぜひ、自分の強みやチームの強みを見つけてほしいです。


【profile】
萩原美樹子(はぎわら・みきこ)
1970年4月17日生まれ、福島県福島市出身。高校卒業後の1989年、共同石油に入社。1993年から4年連続で得点王に輝き、1996年のアトランタ五輪に出場する。1997年にWNBAドラフト2巡目全体14位指名を受け、サクラメント・モナークスに入団。日本人初のWNBA選手となる。1999年に現役を引退。2004年のアテネ五輪では女子日本代表チームのアシスタントコーチを務め、2013年に女子ユニバーシアード日本代表チームのヘッドコーチに就任。現役時代のポジションはフォワード。

水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro