34本のシュートを放ちながら、日本はわずか3得点に終わった。効果的なミドルも、決まった本田と吉田の2本を除けば少なかった。 (C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 ボール支配率73.9パーセント、放ったシュートは34本。
 
 終始、カンボジアを圧倒しながら、日本は3点しか決められなかった。日本のシュートはなぜ決まらないのか、私は記者席で、そればかり考えていた。
 
【PHOTO】日本 3-0 カンボジア

 3点中2点は、ペナルティエリア外からのシュートによって生まれた。
 
 ワンステップで撃ち抜いた本田の無回転シュート、後方から走り込み、左隅に突き刺した吉田のシュートを見ると、ゴール前を固められた中で得点するには遠目からのシュートが有効だということが改めてわかる。
 
 だが、この2本を除いて有効なミドルシュートは少なかった。
 
 ミドルシュートが少ないのは、選手たちの意識が崩すことで縛られているからだろう。
 
「崩す」という言葉は日本代表のみならず、Jリーグの現場でよく耳にする。「ゴールは決められなかったが、何度も相手を崩した」と言ったりするが、こういうのは崩すことが目的化している。
 
 7、8人がペナルティエリアを固めるカンボジアの守備は、そう簡単には崩せない。崩せないものを、無理に崩そうとする必要はない。遠めから狙えばいいだけだ。だが発想に柔軟性がない、言い換えればまじめな日本の選手は密集地帯へと突っ込んでいく。
 
 だが、これは選手だけの問題ではない。パスで崩すのがいいサッカーだという考えが、日本には蔓延しているからだ。
 
 サッカーはゴール数を競うスポーツであり、フィニッシュの形を競うものではない。きれいに崩しても1点は1点だ。
 
 もちろん、本田と吉田のゴール以外にもミドルシュートはあった。例えば山口は4本のミドルを放っている。だが、枠を捉えることはなかった。力のないシュートがバーを越えていく。
 
 遠めから狙う発想が希薄な日本の選手は、パスばかりつなぐので強いキックが上手くない。しっかりと軸足を踏み込んで、ボールに力を与えることができていないからだ。
 
 こうなるとシュートレンジは広がらず、遠目から狙うという発想そのものがなくなっていく。
 
 現役時代の釜本さんは、練習での対人パスでも相手を逆サイドのポストに見立てて、ひたすら強いキックを蹴っていたという。
 
 恵まれた環境でプレーするいまの選手は指導されるのが当たり前。どうしたら強いキックができるのか、狙ったところに蹴ることができるのか、自発的に取り組んだりしないのかもしれない。
 ミドルシュートに加えてもうひとつ気になったのは、崩しの形が一本調子だということ。
 
 勢いに任せて敵陣に突入していった前半に比べると、後半は横パスを回しながら弱点を探ったり、互いの呼吸で崩そうとするシーンは増えた。だが、まだまだ物足りない。
 
 この試合に限らないことだが、日本はスピードに頼りすぎている。
 
 例えば前半は本田との連携から、酒井が何度も右サイドをえぐった。右ポストに近い、もう一手で詰みという絶好のポジションを何度も取っているのに、クロスはほとんど味方につながらなかった。スピードに任せて、単調にクロスを上げているからだ。
 
 スピードを緩めて中の選手と呼吸を合わせてもいい。だが、そうした駆け引きは見られなかった。
 
 酒井に限らず、日本の選手はゴール前に行くほどスピード頼みになり、その結果、肝心なところで空振りやキックミスをしてしまう。プレッシャーの厳しいゴール前は、手早くプレーしなければならないという強迫観念があるからだろう。
 
 だが、考えてほしい。相手はカンボジアなのだ。もうちょっと落ち着いてプレーしてもよかったはずだ。
 
 87分、宇佐美が香川との小さなワンツーから左サイドを破るという場面があった。キーパーに当ててしまったシュートの拙さはともかく、ワンツーは遊びのようにリラックスしたものだった。肩の力を抜き、落ち着いてプレーすれば、あれくらいのことはできるのだ。
 
 日本のプレーは観ていて次が予測できる。
 
 それはプレーに変拍子がないからだ。不意に立ち止まる、ボールを浮かせてみる、角度を変えるといった変化がない。香川は頻繁に切り返しをするが、それも一定のリズムの中でのこと。敵はすぐに慣れてしまう。5メートルのパスでも普通に出したくないという、ロナウジーニョのような天性の遊び人がいない。
 
 本来、遊びであったはずのサッカーはプロリーグができたことで教わるものになり、遊びの精神がなくなっていく。テクニックはあるのに駆け引きができない、一本調子のサッカー。これを変えるのは容易なことではない。
 
取材・文:熊崎敬