ノズルとホースの一体型構造の「すぐぽかノズル」を搭載(写真は、「FD‐F06X1」)

写真拡大

パナソニックは、ノズルとホースの一体型構造で、セットや後片付けの手間を軽減した「ふとん暖め乾燥機」(FD‐F06X1、FD‐F06S1)を、2015年9月15日に発売する。

ノズルとホースとの一体型構造によって、ノズルをふとんに差し込むだけで、5秒で簡単にセットができ、マットを広げたりホースを伸縮させたりする、従来のふとん乾燥機と比べてセットや後片付けの手間を大幅に軽減した。

独自の「すぐぽかノズル」で温風を広範囲に効率よく届け、足もとを約5分で暖める「足もとモード」でふとんをすばやく暖める。また、少ない消費電力でのふとんの暖め、乾燥を可能にした。

持ち運びしやすい軽量約3.3キログラム。夏季使用時にはふとん乾燥後に送風して、ふとんの熱気を取り除く。

ダニ対策にも使えて、くつや小物衣類の乾燥もできる。

設定時間は、ふとんの暖めが足もと約5分、標準約20分、しっかり約40分。ふとん乾燥は標準約60分、しっかり約80分。ダニ対策は約90分×4回。くつ乾燥は約20〜60分。小物衣類乾燥は約120分。

また、「FD‐F06X1」には「ナノイー」と温風で、気になる枕(枕カバー)のニオイ(頭皮臭)を脱臭する機能を搭載した。

色は、「FD‐F06X1」がシャンパンゴールド、「FD‐F06S1」はブラウン。

いずれも、オープン価格。