新スター・ウォーズの転がるドロイド、玩具になって新登場(動画あり)

写真拡大

12月18日公開予定の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出てくる丸いドロイド「BB-8」。開発も担当した米Sphero社が、身長10cmのBB-8を発売した。

12月18日公開予定の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出てくる丸いドロイドの「BB-8」は、すでにインターネット上で多くのファンを獲得している。

「新スター・ウォーズの転がるドロイド、玩具になって新登場(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

このドロイドの実物をつくるのは技術的に難しそうだが、不可能ではない(リンク先は、ファンが自作したBB-8を紹介する日本語版記事)。しかしいま、誰もが自分専用のBB-8を手に入れられる日がやって来た。

玩具メーカーの米Sphero社は、リモコンで動く球形のロボットをすでに開発しており(日本語版記事)、あとは胴体の上に浮かぶBB-8の頭部を再現するだけだった。その結果完成したのが、スマートフォンアプリからコントロールできる、身長10cmのドロイド「BB-8」だ。

Sphero社のBB-8は、アプリを使って好きな方向に転がして動かしたり、「パトロールモード」でコースを巡回させたりすることができる(走行中に何かにぶつかりそうになると、BB-8は自ら反応するのだ)。また、動画を録画し、「仮想ホログラム」に変換して再生することもできるという。

©AND TM LUCASFILM LTD.

さらに素晴らしいのは、このオモチャのBB-8には一種の感情認識機能があることだ。ユーザーがBB-8と遊ぶ回数が増えるにつれて、BB-8は持ち主のリアクションに応じてパーソナリティを変化させるという。

BB-8は、非接触式の充電ユニットを使って充電し、Android、iOS、またはWindowsデヴァイスにBluetooth経由で接続することができる。防水加工も施されている。

※日本での価格は21,374円。オンラインと実店舗で発売される。販売店舗はこちら

『WIRED』VOL.18「『スター・ウォーズ』新たな神話のはじまり」
Amazonで購入する>>

ジョージ・ルーカスのSFX工房「インダストリアル・ライト&マジック」の40年が語られたオーラルヒストリーや『フォースの覚醒』を生み出す6人のインタヴューから、神話を生んだ魔法とイノヴェイションをひも解く本格スター・ウォーズ特集。そのほか、佐久間裕美子のコロラド・マリファナ・ロードトリップに、"ロボットの目"を生み出した金出武雄のヴィジョン、スケボー界のレジェンド、ロドニー・ミューレンに学ぶ七転び八起きのイノヴェイション論を掲載!特集の詳しい内容はこちら。

TAG

RobotStar WarsToyVideoWIRED UK