「Windows 10 Home」プリインストールの15年秋冬モデル

写真拡大

東芝は、モバイルノートパソコン(PC)「dynabook(ダイナブック) NZ40/TG」を、2015年9月下旬から直販サイト「東芝ダイレクト」で順次発売する。

タッチ操作やモバイルに最適化「Office Mobile」搭載

広視野角な10.1型タッチパネル対応のIPS液晶(1920×1200ドット)を搭載。脱着式キーボードを備え、タブレットPCとしても利用可能だ。脱着の際に負荷のかかるヒンジ部の2本の角に高強度部材を使用し、取り外しやすさと耐久性を両立させた専用コネクターを装備。心地よい打鍵感を得られるキーストローク12ミリ、ピッチ19ミリのフルサイズキーボードを採用する。

OSは「Windows 10 Home」(64bit版)。CPU(プロセッサー)は「Atom x5-Z8300」(1.44GHz/最大1.84GHz)。メモリーは4GB DDR3L、内蔵ストレージは64GB。無線通信はIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。MicroHDMI映像出力などを装備する。タッチ操作やモバイルに最適化されたオフィスソフト「Office Mobile」を標準で利用できる。

軽量・薄型キーボードドック搭載モデル「PNZ40TG-NYB」と、長時間駆動可能な2次バッテリー内蔵キーボードドック搭載モデル「PNZ40TG-NYA」の2ラインアップ。価格はそれぞれ9万1000円、9万5000円(いずれも税別)。カラーはサテンゴールド。